12/10/2015 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・タイの企業、ASEAN経済共同体へ向けて連携を強化

10日、バンコクで、タイ駐在ベトナム大使館の商務部は「ベトナムとタイの企業の連携・ASEAN経済共同体へ向けて」と題するフォーラムを行ないました。フォーラムには両国の企業約400社の代表が参加しました。

このフォーラムは、両国の企業が連携を強化し、今年末に設立される予定のASEAN経済共同体の中でよりよい経営活動を行うのが狙いです。開幕式で、ベトナム・タイ友好協会のタ・クアン・ゴック会長は挨拶をし、次のように語りました。
(テープ)

「ASEANは、競争力がますます高まるダイナミックな経済地域で、世界経済に着実に参入しています。ベトナムとタイの協力関係の発展、及び、ASEANの画期的な発展は両国の企業に新しいチャンスと利益を与えていますが、新しい困難と試練をもたらしていると思います。」

フォーラムでは、両国の関係が良好に発展していることと、ASEAN内の関税障壁などが撤廃されていることは両国の企業に有利な経営環境を作り出しており、2020年をめどに両国の貿易総額を200億ドルにするという目標は完全に実現可能であるとの意見が多くの経済専門家から出されました。

ソース:VOV