26/01/2015 11:00 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム進出日本企業を歓迎する用意がある

21日、ハノイで、チュオン・タン・サン国家主席は、ベトナムを訪問中の日本の西川公也 農林水産大臣と会見した。

席上、サン主席は日本が中部ビンディン省の漁民にマグロの水揚げ技術の導入を支援してきたことに感謝すると共に、今後も、日本はベトナム国内の他の省と市に技術移転を継続するよう希望を表明した。

また、サン主席はベトナムと日本が栽培、水産物養殖分野においても協力を拡大してゆくよう希望した。さらに、サン主席は「ベトナムは鳥インフルエンザ予防対策ワクチンの生産分野においても日本と協力する用意があります。」と強調し、「ベトナムは、投資環境の改善を常に行っており、ベトナムに進出する外国投資家を歓迎する用意がある」と明らかにした。
ソース:VOV