11/02/2015 15:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム文化歴史におけるフランスの古物

ベトナム・フランス外交関係樹立41周年記念日(1973年-2014年)に際しては、ホーチミン市美術博物館、ホーチミン市歴史博物館は100品の、ベトナム文化歴史におけるフランス文化を表わすフランス古物展示会を開催した。同展示会はホーチミン市の歴史博物館(ホーチミン市、第1地区、グエン・ビン・クイエム通り、2号)で、2015年6月まで、行われる。
同展示会を訪問する多くの人々は、フランスの貴族が使った食器、Bertin瓶、海の女神の像、Napoléon Bonaparte王の像、灯火などの数多くの物品を見ることが出来た。

フランスの古物展示会に出品された100品の古物は、ベトナム文化歴史におけるフランス文化を表す。展示会はホーチミン市の歴史博物館、20156月まで、行われる。
.


国内外の観光客は同展示会に関心を持つ。


ホーチミン市の学生たちは同展示会に関心を持つ。

19世紀の陶器で、作られた食器はフランス貴族により使用され、深い感銘を与えた。この食器は東方と西方特徴で、飾られる。

フランス古物展示会は2つのBertin瓶を紹介する。2つのBertin瓶は1859年に製作され、Antoine Francois Dalacour職人により製作された。この2つの瓶は1メートルの高さ、0,6メートルの直径があり、Léopold Joseph Gély彫刻家により飾られた。フランス歴史によると、この2つの瓶はNapoléon王(1808年-1873年)に贈られた。
そのほかに、観客は1973年からFouquier Tinville氏の似顔の陶器の皿を見ることができた。Fouquier Tinville氏はフランス革命時期(1789年-1799年)における有名な首席検事 であった。
Napoléon Bonaparte王 (1769年-1821年)銅器の像は深い感銘を与えた。この像はJacques Louis David有名な画家により1800年から1803年に描かれた有名な絵に倣う。

 

19世紀におけるNapoleon 銅器の像


19世紀の陶器。


19世紀の器。


1859年に製作されたBertin 瓶


19世紀に製作された陶器の皿。


Fouquier Tinville 氏の似顔がある皿

19世紀の金属の瓶

19世紀の陶器の皿。
19世紀の陶器の皿。
19世紀の金属のランプ.


19世紀の灯火。


19世紀の金属のランプ。


金属の食器は東方の特徴と西方の特徴の融合で、飾られる。

 

フランス古物展示会のそれぞれの古物は非常に興味のあり、見る人に深い感銘を与える。フランス古物展示会は、ベトナムの多様な歴史におけるフランス文化の一部を表現する。

 
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
 
写真ダン・キム・フオン