31/05/2015 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム国家主席、ラオスのアッタプー空港の落成式に出席

ラオスのチュンマリー・サイニャソーン国家主席兼ラオス人民革命党書記長の招きに応え、30日午前、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席はラオス南部アッタプー県のアッタプー国際空港の落成式に出席しました。この空港は、ベトナムのホアン・アン・ザ・ライグループの援助により建設されたことから、政治的にも経済社会的にも有意義なものであり、ベトナムとラオス間を結ぶ架け橋となっています。 アッタプー国際空港の落成式に出席したサン国家主席 落成式で発言に立ったチュンマリー・サイニャソーン国家主席兼ラオス人民革命党書記長は次のように語りました。 「ベトナムとラオスは特別な友好関係を持っています。両国の共産党政治局の指導、及び各省庁とホアン・アン・ザ・ライグループの努力の下で、アッタプー空港の建設工事は完成しました。これは、草の根交流活動に有利な条件を作り出すと同時に、ラオス南部における経済、投資、貿易、観光の協力関係に寄与します。この空港は両国の団結と全面的な友好協力関係の緊密化に繫がる政治的にも経済的にも大きな意義を持っています。」 一方、サン主席はアッタプー国際空港は、両国の経済協力関係の表れであると強調し、次のように語りました。 (テープ) 「アッタプー国際空港はアッタプー県のインフラ整備に重要な貢献をします。この空港は、ラオスのアッタプー県と各地間の往来円滑化を図るだけでなく、ラオスとベトナム、及び地域内諸国との連携にも繫がります。」 VOV