17/06/2015 08:47 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム国会、刑事法改正案を討議

16日、ハノイで開催中の国会は刑事法改正案について討議した。刑事法改正案は、2013年憲法を具体化させる法律の一つで、刑事犯罪への防止、及び、犯罪者の反省を目指して作成されたという意見が多くの議員から出された。また、生産・経営活動における不正競争問題が改正案に取り上げられたことも高く評価されている。

議員らは、刑事法の実施可能、実施効果を上げるためには、現行の刑事法の根本的かつ全面的な改正が重要であることについて一致した。また、刑事法改正案について国民の意見を問うという政府の提案に同意の意を示した。ハノイ市選出の議員ティック・バオ・ギェム僧侶は「この法律は国民の権利を守り、2013年憲法を具体化させるもので、極めて重要です。そのため、私は国会に対し、少なくとも3ヶ月間でこの改正案に対する国民の意見を集約した上で、次回の会議でまた討議するよう提案したいと思います。」と述べた。

刑事法の死刑については、戦争犯罪、麻薬犯罪、殺人罪などに対する死刑を維持するようとの意見も多くの議員から出された。
ソース:VOV