22/04/2020 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム人、中国のベトナム主権侵犯を批判

(VOVWORLD) - 先頃、中国が露骨にベトナムのホアンサ群島にいわゆる西沙郡を、ベトナムのチュオンサ群島にいわゆる南沙郡を設置したことを受け、ベトナムの人々は強く反対しています。
ホーチミン市、ビンタイン区の住民の一人は中国のいわゆる「三沙市」の設立と関係行為はベトナムの主権に深刻に侵犯したとし、次のように話しました。

(テープ)

「中国の行為に強く反対します。これは国際法、1982年国連海洋法条約に背き、大国として小国いじめの行為です。ホアンサとチュオンサ両群島はベトナムに属するものなのに、中国は露骨に占拠しています。国連、国際社会に対し、中国の違反行為に反対し、中止させるよう要請します。また、中国に対し、ベトナムのホアンサとチュオンサ両群島から撤退するよう求めます。」

一方、北部山岳地帯ソンラ省、クエットタン地区の住民の一人は「中国の行為はベトナムの海と島の領有権に侵犯するだけでなく、航行の自由や海上安全保障にも害を加えるものである」とし、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナム東部海域への中国の侵犯はベトナム国民の間に怒りを引き起こしています。我々はベトナムの党、国家が強硬な態度を示し、ベトナム東部海域を守るため、適切な行動を取るよう希望します。」