11/05/2015 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・ロシア、戦略的かつ全面的パートナー関係を強化

10日、チュオン・タン・サン国家主席夫妻とベトナム代表団は大祖国戦争勝利70周年記念式典への参列を終え、モスクワを発ち、10日から13日までのチェコ国賓訪問に臨みました。

これに先立つ9日午後、サン主席はプーチン大統領と会談し、「ロシアの大祖国戦争勝利は歴史的出来事であり、全世界に平和をもたらすとともに、ベトナムをはじめ、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の民族解放闘争に重要な基盤を作り出した」と強調しました。また、両元首は新たな時期における両国の戦略的かつ全面的パートナー関係の強化措置について話し合いました。

両者はこれまで、両国の協力関係はダイナミックな発展を遂げてきた。今月末に、予定されているベトナムとユーラシア経済連合による自由貿易協定の締結により、2020年までに両国の貿易額を100億ドルにするという目標の達成に道を開くとの見解を示しました。

双方は投資、金融・銀行、農・工業、鉱産物の開発などの分野での全面的な協力を継続すること、国防・安全保障分野での協力関係を深化させ、とりわけ、軍人、技術専門家の育成での協力を進めることで一致しました。また、ベトナムの大陸棚とロシア領土で行なわれている両国の石油ガス企業の探査試掘活動や製油に有利な条件を作り出すと表明しました。

同日、サン主席は在ロシアベトナム大使館を訪れ、幹部、大使館員らと懇親会を行ないました。
ソース:VOV