23/03/2016 10:35 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・ラオス-国境標識及び関連協定に調印

2016年3月16日、ハノイにおいては、グエン・タン・ズン首相とラオスのトンシン・タマヴォン首相はベトナム・ラオス-国境線改正プロジェクトの総括式に出席した。
今回のプロジェクトは改正が目的だけでなく、ベトナム・ラオスとの国境管理と相互利益を向上させることに貢献を果たし、領地と国境線を保護管理する双方間の協力の基礎を作り出す。

 


ベトナム・ラオス-国境システム修復プロジェクトの総括式でスピーチをするグエン・タン・ズン首相。撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社
ベトナム・ラオス-国境線改正プロジェクトを実施する過程において、各自の責任を全うしたラオス人の人たちに、労働勲章、友好勲章を授与するグエン・タン・ズン首相。撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社
ベトナム・ラオス-国境線改正プロジェクトを実施する過程において、各自の責任を全うした人たちに、労働勲章、友好勲章を授与するグエン・タン・ズン首相。撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社


 
同プロジェクトを完了させた後に、ベトナム・ラオス間の国境線は2,340kmになり、1002ヶ所のマーカーがある。.
ベトナム・ラオス-国境線改正プロジェクトの総括式でスピーチにおいて、両首相は、プロジェクトの実行について、両国の伝統ある特別な協力関係を示す証であり、独立と尊重、相互利益、平等といった原則に基づいて平和的な国境地帯作りを目指すものであることを明らかにした。また、プロジェクトは、両国の党・国家・国民の相互理解・信頼をも示し、経済・投資・観光・文化交流などの分野における協力に便宜を図るであろうとの考えを示した。そして、両首相は両国の関連機関と地方に対し、連携感を強化し、ベトナム・ラオス国境地帯を平和・安定・友好・協力・発展の地帯にするよう求めた。
両首相によると、国境線の管理と保護の効果を高めるほかに、同プロジェクトは両国間の貿易、投資、経済・文化・観光を促進し、両国間の友好関係、全面的な協力を強化することに貢献を果たす。

 


国境関連協定の調印式に出席するグエン・タン・ズン首相とラオスのトンシン・タマヴォン首相。撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社
調印された文書を交換するファン・ビン・ミン副首相・外務省大臣とThoonglun Sisulithラオスの副首相・外務省大臣。撮影:トン・ヌアット(Thong Nhat)-ベトナム通信社

式典は、両首相の立会う中で、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相とラオスのトンルン・シースリット副首相兼外相が、「国境線と国境標識議定書」および「陸上国境線と国境検問所管理協定」に調印した。

 
文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル
他の記事