16/10/2021 16:37 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのGDP成長率 3.8%=IMF

(VOVWORLD) - 先ごろ、IMF=国際通貨基金は「世界経済見通し」を発表しました。その中で、2021年のアジアの経済成長率(実質GDP伸び率)をおよそ6.5%としました。その中でシンガポールは6%、中国は8%に達するとしています。また、ベトナムは3.8%に達する見通しです。
こうした中、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアのGDP成長率はいずれも3.5%を下回っています。

世界全体では小幅な下方修正にとどまりましたが、一部の国では大幅に修正しました。供給混乱を一部反映した2021年第2四半期の在庫の大幅な減少や第3四半期の消費の鈍化を理由に、新興・途上国・地域の2021年の見通しを0.1ポイント上方に修正した他、中南米、中東・中央アジア、サブサハラアフリカは一次産品輸出の改善を一部反映したこと、また、欧州の新興・途上国・地域では想定よりも強力な内需を背景に、上方に修正しました。