28/12/2020 09:53 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのGDP伸び率 2.91%に達する

(VOVWORLD) -この数字は2011年∼2020年期の最低水準となっていますが、世界上位に入っています。

27日午後、ハノイで、計画投資省・統計総局は記者会見を行い、第4期四半期と2020年通年の経済社会状況を公表しました。これによりますと、2020年のGDP=国内総生産の伸び率は2.91%に達しています。この数字は2011年∼2020年期の最低水準となっていますが、世界上位に入っています。

輸出入総額は、昨年と比べ5.1%増に当たる約5440億米ドルに上ると予測されています。その中で、輸出額は2815億米ドル、輸入額は2624億米ドルに達しています。これにより、輸出超過額は191億米ドルに上り、過去最高となっています。
一方、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの、全国では、およそ13万5千社の企業が新規設立を登録しました。数量では、昨年と比べ減りましたが、平均登録資金は32.3%増となりました。また、ベトナムへのFDI=外国直接投資の誘致総額は2%減でしたが、世界的に3%減少している中で、依然として前向きな数値となっています。

統計総局はさらに、「ベトナムは2020年のインフレ抑制に成功した」と評価しました。

なお、CPI=消費者物価指数の平均伸び率は、2019年と比べ3.23%増となりました。2020年のインフレは2019年と比べ2.31%増加しました。