10/07/2018 10:44 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの輸出 米中貿易戦争に対応

-アメリカと中国が6日、それぞれ制裁関税と報復関税導入に踏み切り、本格的な貿易戦争に突入しました。米中貿易戦争は、ベトナム経済に悪影響を与えかねないと見られています。

VCCI=ベトナム商工会議所のヴ・ティエン・ロック会頭は、最初の段階、米中の制裁関税に課されている品目のほとんどがベトナムの強みではないことから、ベトナムの輸出への影響は大きくないであろうとしながらも、「長期的にはどこまで影響を及ぼすか、まったく読めない」と述べました。

ロック会頭によりますと、中国がアメリカの制裁関税のせいで、他の国への輸出を強化することは、ベトナムの対中貿易赤字の大幅な拡張につながる恐れがあります。そして、米中貿易戦争は、世界の貿易に大きな変動をもたらし、各国の輸出の競争が激しくなるとしています。

一方、米中貿易戦争はベトナムの輸出にメリットを与える可能性があります。例えば、中国の輸出品が高い関税でアメリカに入れないことは、ベトナムの同じ商品にとってアメリカへの輸出チャンスではないかとしています。

ベトナム商工会議所のロック会頭は、開放しつつあるベトナム経済は世界経済のメリットとデメリットの両方を受けやすくなっていると述べ、世界経済の動きを見極めて相応しい対応をとる必要があると強調しました。その中で最も重要な対応は、それぞれのベトナム企業が技術の面でも管理の面でも自らの能力を絶え間なく高めて自らの競争力をいっそう向上させるということであるとしています。
ソース:VOV