29/12/2021 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの木材:数十億ドル規模の輸出産業の強み

特に新型コロナウイルス感染症が流行し、ほとんどの経済界が影響を受けたとき、20年以上にわたって木材の輸出は目覚ましい成長を続けました。多くの専門家によると、ベトナムか新しい時代の自由貿易協定締結に成功したことで、この「内は不変、外は恩恵」はベトナムの数十億ドル規模の産業界に「時」を生み出しました。
木材は村から町へ
 
ベトナムの木工・家具業界は今日のように発展していますが、おそらく、この10億ドル規模の産業の「種」は、長年の伝統的な木工仕事の村で育まれていることを知っている人はほとんどいないでしょう。

ナム・ディン省イー・イエン県イエン・ニン村ラ・スエンは、歴史的記録によるとベトナムで最も古い木工の村です。木工のニン・ヒュウ・フングは前黎朝の創始者レー・ダイ・ハイン皇帝に付き従った後、王の許可を得、この地に安住し楽しく仕事をしていました。彼は熟練した腕で、ベトナムで最初に木彫り、真珠の象眼細工、木製家具の真珠の象眼細工などの職業を発展させました。

長い歴史的を経て、木工の仕事は徐々に全国の多くの地域に広がりました。それが今日のベトナムの有名な伝統工芸木工村の起源です。

発展の初期段階では、ベトナムの木工職人は彫刻から製品の成形まで、すべて自分の創意工夫によって、完全に手作業で製品を製作していました。特に、当時の木工製品はあまり加工されておらず、デザインも豊かではありませんでした。

 

繊細な模様を彫る才能と創造性を備えたベトナムの伝統的な木工村の職人。
撮影:タイン・ザン/ベトナムフォトジャーナル



ズ・ズ木像彫刻村の仏像の彫刻。
撮影:チン・ボ・ベトナムフォトジャーナル

 

高品質の天然木から作られているナム・ディン省のハイ・ミン工芸村の製品。
撮影:タイン・ザン/ベトナムフォトジャーナル



貝殻から形を作り、木製品に付けるハイ・ミン木工村の木工職人。
撮影:タイン・ザン/ベトナムフォおジャーナル



ハイ・ミン木工村の象嵌製品製作工程。
撮影:タイン・ザン/ベトナムフォトジャーナル



デザインが非常に多様なハイ・ミン工芸村の木工製品。
撮影:タイン・ザン/ベトナムフォトジャーナル



ハノイのドン・アイン県ヴァン・ハ村の伝統的な手工芸品。
撮影:チン・ボ/ベトナムフォトジャーナル



ヴァン・ハ木工村の絶妙な彫刻。
撮影:カイン・ロン/ベトナムフォトジャーナル



チャン・ソン村(ハノイ)の木工職人によって建てられたク・チ(ホチーミン)の古い家。
撮影:グエン・ザン

 

19世紀になって、科学技術の応用により工芸村の木工の仕事は大きな変化を遂げました。手の器用さという持ち前の利点によって、木工製品の製作はより速く、より耐久性があり、デザインはより多様で豊かになり、洗練されたレベルに達し、顧客のニーズを満たすようになりました。

現在では、ベトナムの伝統的な木工の仕事は質と量の両方で発展しており、正式には木材加工産業として知られています。木工の工芸村も変化し始め、市場のさまざまな好みに合わせて変化しました。

木工工芸村にはそれぞれの得意分野の製品があり、製品の専門化の方向に進んでおり、市場の様々なセグメントを対象としています。

世界の消費者のトレンドが安全で環境に優しいアイテムに戻るにつれて、木製家具製品は益々人々の生活の多くの場で利用されるようになっています。人間の生活空間には、今や木製家具が欠かせないものと言えます。これは、利用可能な利点を備えたベトナムの木材加工産業が、5大陸の市場を征服するために自信を持って1万マイルのステップを踏むための「時間」です。


ベトナムの木と1万マイルの足跡

ベトナムには職業村で操業していた小さな木材業から、現在では年間数億ドルの輸出額となった大規模な木材加工会社があります。これらは、過去20年間で木材産業を目覚ましく成長させてきた要因です。

特に、ベトナムの加工・輸出産業の大部分は新型コロナウイルス感染症の影響を受けましたが、木材加工・輸出産業はこれまで以上に業績が上がったといううれしい報告を受けています。

 
ベトナムには職業村で操業していた小さな木材業から、現在、年間数億ドルの輸出収入となった大規模な木材加工会社があり、これらは過去20年間で木材産業を目覚ましく成長させてきた要因となっている。
ベトナムとEUの自由貿易協定(EVFTA)が2020年8月から正式に発効したことにより、ベトナムの木材産業全般、特にビン・ズオン省の木材加工・輸出産業は欧州連合諸国において多くの否定的な観測を抱いていました。

しかし、2021年初頭、ビン・ディン省の各家具加工・輸出企業は2021年の第3四半期末まで注文に署名しました。ビン・ディン省産業貿易省のゴー・ヴァン・トン局長は現在、ビン・ディン省の木材製品は五大陸の70カ国と地域に直接輸出されていると述べました。ほとんどの木材製品はヨーロッパ、オセアニア、アメリカ、アジア、アフリカに輸出されています。

 

タム・フオック工業団地(ドン・ナイ省)にあるラム・ホアン・ファット会社の工場の木材加工場。
撮影:ベトナムフォトジャーナル







ドゥック・タイン木材加工会社(ホーチミン市)のまな板と家電製品の生産ライン。
撮影:トン・ハイ/ベトナムフォトジャーナル













海外市場で人気があるドゥック・タイン木材加工会社の学用品や子供のおもちゃ。
撮影:トン・ハイ/ベトナムフォトジャーナル

 

また、ホーチミン市手工芸・木工協会のグエン・コック・カイン会長はベトナムの木製品は世界120以上の国と地域で販売されていますが、木製品と家具の輸出の余地はまだ非常に大きいと述べました。

ドゥック・タイン木材加工会社はホーチミン市の台所用品と子供のおもちゃの輸出業者。2020年には新型コロナウイルス感染症の影響にもかかわらず、ドゥック・タイン木材加工会社は2019年と比較して19%増加し、4千億VNDの収益を達成した。
産業貿易省の統計によると、ベトナムは現在、EUへのリビングルームとダイニングルームの家具の四大サプライヤーの一つであり、市場で8番目に大きいキッチン家具のサプライヤーでもあります。EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)がより包括的かつ効果的に発効すると、企業はこの市場におけるベトナムの木製家具の価値と市場シェアをさらに向上させると期待しています。

木材加工および家具産業は、近年ベトナムの農業産業で最も急速に成長している分野の一つと見なされています。特に、ベトナム木材林産物協会の諮問委員会であるグエン・トン・クエン氏によると、これは開発プロセスにおいて経済、環境、社会保障の三つの目標すべてを達成する産業です。



輸出用の高品質の木製家具の製造が専門のウッズランド株式会社(ハノイ市メー・リン県)。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル


ビン・ズオンでの輸出用ゴム木材の生産。
撮影:レー・クオン/ベトナムフォトジャーナル



ウッズランド株式会社での製品パッケージングの工程。
撮影:コン・ダット



ホーチミン市のラム・ホアン・ファット会社の家庭用品。
撮影:キム・フオン/ベトナムフォトジャーナル



ウッズランド株式会社の家庭用品。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォト

 

環境目標に関して、ベトナムの木材加工企業は長年にわたり、主に植林された森林木材を使用しており、天然林木材はほとんど使用していません。したがって、それは自然林の保護と豊かさに貢献しています。ベトナムの森林被覆係数は現在41%を超えており、東南アジアで第1位にランクされています。木材産業の経済発展は常に生態学的環境の保護と結びついており、調和のとれたバランスを保っています。開発プロセスによれば、ベトナムの木材加工企業は循環生産技術を用いています。つまり、前の生産段階のスクラップが次の生産段階の製品を作成するための原料になります。

プランテーションの開発により、140万世帯以上が植林と森林保護のために土地を割り当てられる機会が生まれ、農村部、山岳地帯、遠隔地の世帯と人々の生活と雇用が創出されました。これまで、植林と木材加工において億万長者になった多くの家族と森林所有者がいました。

国内外で疫病の複雑さが増しているにもかかわらず、ベトナムの木材加工産業の活動は依然として予想を上回り、目覚ましい成長を遂げています。したがって、ベトナムの木工・家具産業は2025年には200億米ドルの輸出目標を達成し、遠からず世

文:タオ・ヴィ
撮影:タイン・ザン、トン・ハイ、グエン・ザン、ベトナムフォトジャーナルの資料
翻訳者:ソン・タム・クエン