25/06/2015 10:14 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの小学校で男女比のバランスを確保

23日、UNCEF=国連児童基金ベトナム事務所が発表した「子どもの進歩のため」報告によると、ベトナムでは小学校の男女比のバランスが確保され、都市部と農村部とでは栄養不良で身体の発達が遅れている子どもの割合の格差が縮小されていることがわかった。

また、2000年以来、5歳以下の子どもの死亡率が半減し、栄養不良の子どもの割合は36%から25%に低下した。一方で、浄水を供給された人口は78%から92%に増加している。

UNICEFベトナム事務所のジェリル所長は「UNICEFはベトナムの当局者と緊密に協力しあい、持続的な開発目標の実施、特に子どもの支援に力を入れてゆく」と強調した。
ソース:VOV