09/11/2018 09:46 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの偽装書類に「待った」、日本の行政書士法人が偽造確認サービスを開始

外国人ビザ申請に特化した行政書士法人Climb(東京都新宿区)は、昨今のベトナム人によるビザ申請の偽造書類増加に伴い、専任ベトナム人スタッフによる偽造書類チェックサービス「ベトナビ」を11月より開始する。

 就労ビザを持たない外国人を雇用したり、申請と違う業務を命じたり、外国人に許可されていない業務をさせたりすると、雇用主も「不法就労助長罪」として3年以下の懲役、300万円以下の罰金に処せられる可能性がある。

 しかし、偽造書類を見破ることは難しく、一般の人には見分けがつかない。こうした中、「ベトナビ」では、◇偽造防止スタンプの確認、◇学校卒業者リストの照会、◇公式サインの確認、◇書式の確認などを厳格に行い、増加するベトナムの偽装書類に「待った」をかける。

 今後も外国人の雇用は増加し続けていくことが予想されており、ビザ申請時の書類の偽造、不法就労者、不法滞在者の数も増加するとみられている。Climbは、外国人雇用における不正を減らし、労働市場の是正を目指すサービスを展開していく。
ソース:www.viet-jo.com