01/03/2016 11:04 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの代表、教育技術会議で基調講演

去る27日と28日、アラブ首長国連邦・ドバイのジェイド大学で、教育技術に関するKINSES会議が開催されました。会議には、世界20カ国から300名あまりと50名の講演者が参加しました。ベトナムからはTOPICA教育技術系グループの創始者ファム・ミン・トアン博士が講演者として招かれました。

 
今年の会議では、教育技術の傾向、及びアジアとアフリカなど世界における教育技術の急速な発展を巡る主要な内容が討議 されました。

席上、トアン博士は、東南アジア諸国の教育分野に対するイーラーニングの影響について講演を行いました。これに基づき、イーラーニングは、発展途上国を含む全社会の学生に対し手頃な費用と質の高い学習のチャンスをもたらすというメリットです。

ソース:VOV