05/08/2016 16:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのタインホア省のサムソン海

タインホア省のサムソン海は、広い海岸、きれいな海水、漁民たちの霊的文化に関するチュオンレ山のお寺などがあり、多くの観光客に魅力のある海岸として人気である。
サムソン海

ラックホイ海からチュオンレ山の麓までの長さが6kmの砂浜は、遠浅である。大きな波は、夏の憩いのひと時を癒してくれる

今、インフラ整備のため数千億ドンが投資されている。多くの企業と個人はホテル、モーテルを改築した。2016年の観光のシーズンには、サムソン海岸へ遊びに行く観光客の量は増える。


空から見たサムソン海のB海水浴場。
撮影:ホアン・ハー



サムソン海の日の出。
撮影:ドゥック・ハイン



日の出の時、波と遊ぶ子供たち。
撮影:コン・ダット



救助隊の船。
撮影:コン・ダット



サムソン海岸を
飾る風車
撮影:コン・ダット



砂で作られた屋敷。
撮影:チャン・タイン・ザン



サムソン海岸に
揚がる凧


ダウヴォイ山の麓にある
磯場
撮影:チョン・チン


サムソン海における
サンセット
撮影:コン・ダット



平穏で静かなサムソン海岸の日没
撮影:コン・ダット



2016年のサムソン海夏の顔は変わり夏を楽しむ観光客に魅力を与える
撮影:チャン・タイン・ザン


2016年、今年のサムソン海岸は、各企業や個人の宿泊施設が改築・新築され、顧客に良いサービスを提供する
撮影:チャン・タイン・ザン

 
2016年5月、延べ5万人の観光客がサムソンを訪れた。(ソース;タインホア新聞)
朝、サムソン海岸で日の出を見ることは観光客に特に人気される。

その時は、サムソンの漁師の船団が海岸に戻る時間であり、観光客も新鮮な様々な魚や魚介類を選ぶことができる朝の賑やかな様子を見せる。

霊的の文化の観光地

タインホア省を訪問すると、ある伝説が理解できる。それはホンヴォンフ物語である。昔、主人が海へ漁に出た時、妻は山の頂上で子を抱きながら主人を待つ。その後、その妻は石になり、その涙はチュオン・レ山になった。


2016年バインザイ-バインチュン(伝統的な
お餅)祭りでドック・クゥオック神社へ向ける行列。
撮影:チョン・チン


ドック・クゥオック神社へ向
かう祭りの行列
撮影:ホアン・ハ


サムソン通りにおける行列。
撮影:チョン・チン



ドック・クゥオック神社で行われる儀式。
撮影:ホアン・ハ



チュオンレ山にあるドック・クゥオック神社
撮影:ホアン・ハ



直径が30cmであるバインザイと長さが40cmであるバインチュン。

(もち米の中心に豆と肉を入れ葉で包んだ料理)を各地域の祭司が祭壇に供える
撮影:ホアン・ハ

チュオンレ山にあるコ・ティエン神社。
撮影:チョン・チン


コ・ティエン神社野コーナー
の一画
撮影:ホアン・ハ



バインザイ-バインチュン祭りは旧暦毎年6月
18日と19日に行われる。
撮影:チョン・チン



参拝行列に参加する人々。
撮影:チョン・チン



ドック・クゥオック神社への行列に参加する観光客。
撮影:チョン・チン

 
サムソンにあるドック・クゥオック神社、コ・ティエン神社、ト・ヒエン・タイン神社、デ・リン神社、カ・ラップ神社は国家レベルの遺跡である。
チュオンレ山の北側にあるドッククゥオック神社は神聖な場所である。 この神社に関する物語は今も伝えられている。昔、1人の丈夫な青年がいた、体を半分に分け、半分は漁民たちと海の妖怪を退治し、残る部分はチュオンレ山に立った。漁民たちはその恩を返すために、ドッククゥオック神社を建立した。

一方は漁のために三ヶ月型の魚船を発明し、漁に出る時漁師と一緒に行き、強風から漁師を守るため船首に立っていると今も漁師たちは信じている

毎年、バインザイ-バインチュン祭りは、旧暦の5月11日から13日まで行われる。この祭りは観光シーズンに行われるため、観光のイベントとして行なわれる。観光客は神聖な精神的空間が体験できる。


竹の筏船 (伝統的な船)で漁をする

1993年3月、アイランド人の探検家Tim Severinがサムソンを訪問し、竹の筏船(伝統的な船)で魚を獲ることを見て、漁民たちと一緒に大きな筏船を作った。その筏船で太平洋を横断した。それで、サムソンの筏船は世界に知られた。


出漁の準備をしている漁師たち。
撮影:チャン・タイン・ザン


午前5時、サムソン魚市場はにぎやかになる。
撮影:チャン・タイン・ザン



漁獲の準備。
撮影:ホアン・ハ


筏船をを作る技術は昔から伝えられる。
撮影:チョン・チン


チャイ漁村の漁師が、漁の終った後筏船を引き上げる場所。
撮影:ホアン・ハ



漁を終えた後の海岸に上げられた船。
撮影:チャン・タイン・ザン


サムソンに来た観光客は、漁村の日常生活に関心を持つ。
撮影:チョン・チン
 

今も、サムソンの漁民たちは、伝統の筏船での漁を維持している。ここに来ると、観光客は朝早く、漁師たちが筏船を押して海へ出て行くのを見ることができる。
文、撮影:ベトナムフォトジャーナルのコアン・カック・ヴァンクラブ