08/04/2016 10:02 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムなど拡大会合招待へ…伊勢志摩サミット

7日付の読売新聞によりますと、日本政府は、5月26、27 日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に、ラオスやチャドなどアジア・アフリカ地域の7か国を招待する方向で調整に入りました。
サミットでは、G7先進7か国とは別に、途上国首脳や国際機関トップを招いて「アウトリーチ会合(拡大会合)」を開く慣習があります。日本政府は、ASEAN=東南アジア諸国連合議長国のラオス、AU=アフリカ連合議長国のチャドのほか、インドネシア、ベトナム、パプアニューギニア、バングラデシュ、スリランカを招いて、開発や保健の分野で議論を行いたい考えです。
8年ぶりにアジアで開かれるサミットとなるため、アジア唯一のサミット参加国としての存在感を高める狙いがあります。
ソース:VOV