07/12/2017 14:15 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムとILO 、協力計画を締結

この計画は今後の3つの優先課題を打ち出し、その中で、持続可能な雇用創出の促進と持続可能な経営チャンスへの有利な条件作りや、すべての人々への社会保障政策の実施を通じての貧困解消、労働市場の効果的な管理体制の構築という課題があります。

5日午後、ハノイで、2017年~2021年期における持続可能な雇用創出に関するベトナムとILO =国際労働機関との協力計画の締結式が行われました。

この計画は今後の3つの優先課題を打ち出し、その中で、持続可能な雇用創出の促進と持続可能な経営チャンスへの有利な条件作りや、すべての人々への社会保障政策の実施を通じての貧困解消、労働市場の効果的な管理体制の構築という課題があります。

締結式典で、労働傷病軍人社会事業省のダオ・ゴック・ズン大臣は「今後、ベトナム政府は雇用創出、人材開発、社会保障政策の実施に力を入れる」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「ILOと相手は労働法の改正へのアドバイスを通じて、労働に関する法律の完備を引き続き支援すると共に、社会保障政策と賃金制度に関する改革案、ILOのいくつかの条約の批准の研究を補助します。」

なお、2017年~2021年期における持続可能な雇用創出に関するベトナムとILOとの協力計画はベトナムがILOに加盟した1992年以来、3番目のものとなっていす。
ソース:VOV