27/12/2020 11:11 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムとEUの貿易自由化協定:WIN-WINに期待

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行と予測不能な米中貿易戦争の不安定さの影響を受け、世界経済の状況はくすんだ灰色で覆われている。その様な状況下で、2020年8月1日にEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)が正式に発効することは、国際的な世論から非常に前向きで特別なイベントであり、困難な時期での国際貿易活動における稀に見る明るい材料だと評価されている。この世界的なバリューチェーンへの参入により、EVFTAはベトナム、EU、および第3のパートナーの回復力、成長、持続可能な発展に大きなメリットをもたらすと期待されている。よってEVFTAが歴史的な協定であると見なされ、ベトナムが以前に締結していたどのFTAよりも双方にとってWin-Winの可能性が高くなることは驚くべきことではない。
ヨーロッパの期待

EVFTA以前は、ベトナムとEUはお互いにとって重要な取引相手であった。EUにとってベトナムは一億近くの人が大量に消費するダイナミックで安定した重要な潜在的市場であり、ヨーロッパの企業にとってはASEANという、より広い市場に参入することが可能な接続ポイントとして最適でもある。したがって、特に新型コロナ流行の影響と世界経済および貿易が今のように予測不可能で不確実性が高い状況下において、EVFTAに対するヨーロッパの投資家の期待を想像することは難しくない。

投資に関しては、これまでにEUはベトナムで登録資金が246.7億米ドルに及ぶ2,224件のプロジェクトを実施しており、第三国または地域を通じた他の主要なプロジェクトも数多くある。

別の例はベトナムが常にEUにとって重要な市場であることを明確に示している。これは新型コロナ流行の影響により、年初からの8か月間でベトナムと一部の国および地域間の製品輸入額は減少し、EUは増加した。例えば韓国は8.3%(287億米ドル相当)減少し、ASEANは9.2%(194億米ドル相当)減少したが、EUは4.7%(95億米ドル相当)増加した。



2020年8月1日から発効した新しいEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)は
ベトナムの米の輸出に明るい兆候をもたらした。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ハノイの大通りにあるヨーロッパの高級ファッション店。
撮影:ヴィエット・クオン-ベトナムジャーナル



ベトナムとEU間の自由貿易協定及び投資保護協定の調印式。
撮影:ベトナム通信社



ベトナムに登場したドイツの有名なブランド車BMW。
撮影:資料



EVFTAはベトナムの農産物がグローバル・バリューチェーンに
参入することで品質向上の機会となる。



ベトナムのハイテク機械見本市で紹介されたABBの自動化技術。
撮影:ヴィエット・クオン-ベトナムジャーナル



EVFTAはEUの風力発電の「大物」から資本と技術にアプローチする機会となる。
撮影:グエン・ルアン-ベトナムフォトジャーナル



ハイ・フォン港から輸入されたヨーロッパの重工業製品。
撮影:ヴィエット・クオン-ベトナムフォトジャーナル



ベトナムのユーザーによって選ばれるヨーロッパの高級テキスタイルや衣服製品。
撮影:ヴィエット・クオン-ベトナムフォトジャーナル



ヨーロッパの牛乳と乳製品は有名でベトナムの店で最も売れている商品。
EVFTA実施3年後に関税が撤廃される最も早い分野。
撮影:ヴィエット・クオン-ベトナムフォトジャーナル


ヨーロッパから輸入した肉や豚肉をハノイで販売している店。
この分野の商品はEVFTA発効から7〜10年かけて減税され、免税となる。
撮影:ヴィエット・クオン-ベトナムフォトジャーナル

 

また昨今のベトナム人の収入増により、ヨーロッパからの商品を含む高級品の需要が急速に増加していることを示している。そのため、ハノイ、ホーチミン市、ダナンなどの大都市では、約50年前には想像すら出来なかったメルセデスベンツ、BMW、プジョーなどの高級車の展示販売店やLouis Vuitton、Chanel、Gucci、Lacoste、Pradaなど、有名なヨーロッパのブランド品を販売するショップを見つけるのは難しくない。医療機器、医薬品、化学薬品、民間航空機、サービス、銀行、保険、ハイテク機器などのあまり知られていない分野へのヨーロッパの投資は今やベトナムの人々にとって特別な関心事となっている。

EVFTAはベトナムで実効されているFTAとして13番目であり、CPTPPに続く2番目の新世代FTAである。アジア圏で、ベトナムは韓国、日本、シンガポールに次ぎ、EUとFTAを結んでいる数少ない国の一つです。この数からベトナムは現在、この地域および世界でFTA締結数が最も多くトップとなった。
したがって、カナダフィナンシャルポストが、大陸が発展途上国と署名したEVFTAを「最も野心的な自由貿易協定」と見なすというEUの評価を引用しているのは偶然ではない。業界の専門家が、EVFTAによってヨーロッパは世界で最も成功した新興経済国の一つであるベトナムから大きな恩恵を受けるだけでなく、ベトナムを通じたASEANでの地位と影響力により、ヨーロッパの企業が6億人を超える世界で最もダイナミックだとされている市場により深い浸透が可能であると判断していることから、この「野心」という表現は理解できる。EUがシンガポールと署名したFTAと共に、EVFTAはEUがASEANの他の加盟国或いはEU-ASEAN多国間FTAに至るまで、より多くの自由貿易協定を締結するためのモデル及び出発点になるとの予測さえある。

EVFTAが欧州経済を大きく補完する国と締結した協定であるため、EUは多くのプラスの効果をもたらされることを期待していると言える。さらに、ベトナムはヨーロッパが必要とする多くの製品の生産国であり、EUの輸出企業から多くの製品を輸入する国であることから、EU市場の拡大とリマーケティングへの架け橋にもなる。

EVFTAについて、ベトナムの欧州商工会議所(EuroCham)のNicolas Audier会長はEurochamのメンバー企業の80%がベトナムの事業見通しについて楽観的であると述べました。したがって、彼は「ベトナムにおける1,000を超えるヨーロッパの企業と投資家を代表するEuroChamは、すべての当事者が現在および将来においてEVFTAが持つ全ポテンシャルの『鍵を開ける』ことができるように、ベトナムと協力する準備ができています。」と言明した。


輸出、FDI ...そしてベトナムの機会

輸出の増加と外国直接投資(FDI)の誘致の促進は、ベトナムが経済成長を維持し、促進するのに役立つ二つの主要な推進力と考えられている。

シンガポールに本拠を置く東南アジア研究所(ISEAS)の最近の研究では、過去30年間のベトナムの力強い経済成長は主に輸出と外国直接投資(FDI)に依存してきたと強調している。そして、それはまたベトナムが世界で最も開かれた経済の一つになる後押しとなった。ISEASはまた、国際経済統合が社会経済の発展を促進させるための措置であり、貿易と投資が経済を変革しアップグレードさせるための重要な手段だとベトナムが見なしていると評価した。

EuroChamのNicolasAudier社長によると、貿易戦争と世界的な新型コロナのパンデミックが従来の事業運営を前例のない規模で混乱させている状況下において、EVFTAの締結はより重要となる。

実際、EUは世界で2番目に大きな購買力を持つ最大の輸入国であり、長年にわたるベトナムの主要な輸出市場であるため、EVFTAはベトナムの経済界の大きな注目を集めている。そのため、EVFTAが正式に発効するとすぐに、新型コロナの大流行という困難な局面にもかかわらず、この協定の優遇関税に乗じて、ベトナムのEUへの輸出は各前月の減少と比較して回復を示した。





農業農村開発省からの最新情報によると、ベトナム-EUの自由貿易協定(EVFTA)の発効一ヶ月以上後の予備統計で、
2020年8月のコーヒー、コショウや農林水産物のEUへの輸出額は3億5千万米ドルで、2020年7月と比較して17%増加した。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ヨーロッパへの輸出時にすでに関税割当を受けている
9種類の香りのよい米。
撮影:ベトナム通信社



ベトナム-EU自由貿易協定(EVFTA)の承認は、カシューナッツ産業がグローバルサプライチェーンに深く参入し、EU市場への輸出拡大の後押しとなる。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



7月と8月のエビの輸出は伸び、協定の効果で今から年末まで加速すると予想されている。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



年間の繊維および衣服の輸入規模が2500億米ドルを超えるEUは世界最大の繊維および衣服の輸入市場であり、
ベトナムを含む世界の繊維輸入額全体の34%を占めている。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



EVFTAが発効すると、バッグ、ウォレット、ブリーフケース、スーツケース、安全靴、スポーツシューズの関税はすぐに撤廃され、革製の靴は3〜7年のロードマップで優遇輸入税率(Most Favoured Nation -MFN)が12.5%から0%まで引き下げられる。
撮影:ベトナムフォトジャーナル


EVFTA協定は伝統的なベトナムの手工芸村が輸出市場を
拡大する機会となるであろう。
撮影:ベトナムフォトジャーナル

 

税関総局によると、8月末までにベトナムからEUへの総輸出売上高は259億2千万米ドルに達した。特に8月、つまりEVFTAが発効したばかりの月に、この重要な市場へのベトナムの輸出売上高は37億8千万米ドルに達し、今年の年初の7か月の平均よりも約6億米ドル多くなった。主な商品は電話、コンピューター、電子部品、農産物、繊維、履物などベトナムが得意とする分野であった。

農地開発省からの情報によると、EVFTAによりベトナムの農林水産の輸出も盛んになり始めている。2020年8月のEUへの海産物の注文は2020年7月と比較して売上高で10%増加した。EVFTAの発効後、ベトナムの米製品の価格も改善し、2020年7月末に比べて80〜200米ドル/トン上昇した。

EVFTAは輸出に加え、ベトナムが世界のトップ海外直接投資を集めるのにも役立つと期待されている。欧州連合のベトナム代表団長であるピア・ジョルジオ・アリベルティ大使によると、ベトナムへのEU貿易が増加した場合、EVFTAはEUからベトナムへの外国直接投資の新たな波を引き起こす可能性がある。

もう一つの注目すべき点は、新型コロナウイルス感染症の大流行の影響と、米中貿易の緊張の高まりにより、世界で投資資本を移転する波の発生である。世界の多くの大規模投資家は生産チェーンを多様化し、リスクを回避し、そして最も重要と言えるのはベトナムが調印したEVFTAと12のFTAのメリットを活用するために、ベトナムを含む新しく、より安全で効率的な生産拠点を探し始めています。


EVFTAは2020年8月1日に正式に発効した。 EVFTAの発効後、EUに輸出されるベトナム製品の71%とベトナムに輸出されるEU製品の65%が非課税になると予想される。残りの課税の最大99%は、ベトナムでは10年以内に、EUでは7年以内に廃止される。経済成長と並行して、EVFTAのおかげで、ベトナムでは毎年約14万6千人の労働者の雇用が増えると予想されている。ヨーロッパ側については、長期的にはEVFTAによってこのブロックの国民総所得が295億ユーロに達する一助となり、さらにサービスや政府調達のメリットは言うまでもなく、EUのベトナムへの輸出が平均29%増加する可能性がある。

 
文:タイン・ホア
撮影:ヴィエット・クオン、グエン・ルアン、タイン・ザン、ベトナムフォトジャーナル、ベトナム通信社と資料