ニュース

06/03/2021

他の記事
クエンティン・デローム氏:ベトナム演劇の育成に情熱を注ぐフランス人監督

クエンティン・デローム氏:ベトナム演劇の育成に情熱を注ぐフランス人監督

05/02/2021 11:17 GMT+7

フランス人の演劇監督クエンティン・デローム氏は自分自身の演劇活動のために2010年に初めてベトナムに来ました。10年間ベトナムに住んで働いた後、指導者になることを決め、演劇芸術の経験が全くないベトナム人を自信を持ってステージで演じる俳優に育てることに成功しました。氏はまた、子供から大人まで多くの年齢層の人々に演劇を指導するハノイ市タイホーにあるハノイATHシアターアンドアートスタジオの創設者でもあります。
詳細...
ローラン・ブラウト氏-ベトナム航空の人材育成に熱心なフランスの専門家

ローラン・ブラウト氏-ベトナム航空の人材育成に熱心なフランスの専門家

15/01/2021 15:47 GMT+7

フランスの教育専門家であるローラン・ブラウルト氏は、ハノイ科学技術大学航空学部の設立および開発のためにベトナムに派遣され、ベトナムの仲間や学生たちから愛されています。氏は現在、航空分野の優秀なインストラクターと共にベトナム人を訓練すると同時に、この分野を専攻する学生が資格のある学士になり、将来のベトナム航空の発展に貢献できるように最良の環境作りを支援しています。
詳細...
School on the Boat:恵まれない子供たちに明るい未来を

School on the Boat:恵まれない子供たちに明るい未来を

11/12/2020 10:32 GMT+7

School on the boatはハノイのギア・ズンの裏通りにある小さな家の名前です。簡素ですが愛に満ちた家で、ホン川沿いとロンビエン橋周辺に住む30人の恵まれない子供たちの学校でもあります。School on the boatが支援する家族は、ここは子供たちが明るい未来に向けて学ぶことができる場所だと信じています。
詳細...
レストラン「ぺぺラプール」:ベトナムの食に魅了されたぺぺさんと増田悠さん

レストラン「ぺぺラプール」:ベトナムの食に魅了されたぺぺさんと増田悠さん

12/11/2020 15:11 GMT+7

「ぺぺラプール」はフランス人のぺぺさんと日本人の増田悠さんが営むハノイの有名なレストランで、外国の友人たちの出会いの場だけでなく、食事を楽しみ、ベトナム文化の美しさを探求する場になればと開店しました。二人は国籍が違いますが、一つの愛を共有し、「ぺぺラプール」がコミュニティの愛をつなぐ場となり、慈しみの心が溢れる店にしたいと願っています。
詳細...
Céline Charpiot:仏-越の技術の架け橋を

Céline Charpiot:仏-越の技術の架け橋を

11/09/2020 14:21 GMT+7

お父さんがフランス人であり、お母さんがベトナム人であるCéline Charpiot氏はベトナムLinagora 社の社長であり、デジタル経済とオープンソースソフトウェアフランスについてのプロジェクトの協力の分野でフランスとベトナムの架け橋をかけることに努力している。Céline Charpiot氏もOpenHackademyを設立した。OpenHackademyの本部はフランスにあり、支社がベトナムにあり、だれでも勉強できるオープンソースソフトウェア、デザインを訓練する。
詳細...
日本からの友達

日本からの友達

08/05/2020 10:28 GMT+7

 帯金康夫さん、首藤美香さん、伊藤舞さん、長瀬一平さんは日本から来たボランティアである。言語、文化、習慣の違いなどの障害を乗り越え、努力し、ダナンとフエで、日-越友好関係をより親密にさせる有意義のある活動を実践した。
詳細...
Choi Ju Young氏、ベトナムの選手に回復させる専門家

Choi Ju Young氏、ベトナムの選手に回復させる専門家

13/12/2019 16:38 GMT+7

韓国スポーツ界の医療分野で多くの治療経験を持つChoi・ Ju・ Young氏は、 2019年4月からパク・ハンソ監督と共にベトナム国サッカーチームを管理し、選手の健康を管理する。これまで、2018年Asiad Cup、2018年AFF Suzuki Cup、2019年King’s Cup、2020年アジアU23サッカーリーグ戦、2022年FIFAワールドカップリーグ戦でベトナム国家サッカーチームの選手の健康を担当する。
詳細...
外国人の画家が描いたハノイの旧市街の絵

外国人の画家が描いたハノイの旧市街の絵

06/12/2019 15:41 GMT+7

日本、韓国、シンガポール、タイ、フランス、マレーシア、フィリッピンなどの18カ国の500人が参加するAsia-link Sketchwalk Hanoi 2019は最も多い人が参加する記録に達した。彼らは平和で、親切であるハノイを含む多くの遺産があるベトナムを訪問し、そのベトナムを絵を通じて表明する。特に、多くのところから来た画家たちは喫茶店、歩道などでハノイの秋の季節の中で絵を描く。

マレーシアのKiah Kiean Chngさん、ロシアの Elena Kilimovaさん、シンガポールのAlvin Mark Tanさん 、インドネシアのDarman Angir さんなどのアジアの有名な画家は各メンバーに技術について6回案内した。Arkar Myoさん、Akri Markさん、 Supmanee Chaiさん、 Khoo Cheang Jinさん、 ビン・チュさん、トゥイ・ズオンさん、ディン・ハイさんは実際に10回絵を描くイベントを行った。他は、各メンバーはタイのPramote Kさん、シンガポールのTia Boon Simさん、マレーシアのKhoo Cheang Jinさんとの交流会を行った。その楽しい活動は各有名な画家のカラフルな絵とともにハノイの旧市街の文化の特徴を目立たせた。


「2019年アジア-ハノイ絵画」に出席する画家はハノイオペラハウスで記念写真を撮影する。


「2019年アジア-ハノイ絵画」に出席する画家は各国の国旗を紹介する。


2階建てバスに乗り、ハノイの周りを観察する画家たち。


ベトナムのヴィエン・フオン画家の作品の一つ


ドン・スアン市場についての画家たちの絵
 

ハノイの旧市街を描く目標で、外国からの画家たちはハノイのゴック・ソン殿、バ・キエウ殿、リー・タイ・ト記念碑、ドン・スアン市場、タム・フー・リン・トゥー、オ・クアン・チュオン、オペラハウス、ハノイ大聖堂などを描いた。短い期間で、様々なスタイルと気持ちで千枚の絵が描かれた。

タイのPramote Kitchumnongp画家はハノイ大聖堂に興味を持つ。タイのナム・チャイ画家はダオ・ズイ・トゥ-通り、マー・マイ通りを描いた。ミャンマーのArkar Myo画家はハノイオペラハウスに、インドネシアのHongky Zein画家は旧市街とハノイの人民たちについて絵を描いた。


ハノイについての作品はベトナム歴史博物館で紹介され、多くのベトナム人と外国人の観光者の関心を集中した。特に、印象的な100枚の作品は選択され、ハノイ建築大学、ホアンキエム湖の歩道通り、ハノイ博物館で紹介された。
それぞれの外国人の画家はハノイに対しての心、愛情を表明する。ベトナムのノン・ラー(伝統的な帽子)は頭にかぶるものだけでなく、画家の手の下で芸術の作品のインスピレーションになる。またはベトナムの伝統的なアオザイも画家の関心を集中した。

ハノイ絵画グループのチャン・ティ・タイン・トゥイ会長はハノイについての絵を見ると、ベトナムについての誇りが出た。同イベントは平易で、親切で、客扱く、楽観的なハノイについて外国人の画家に伝えられると期待しました。

ハノイに対しての愛情と「2019年アジア-ハノイ絵画」で援助する4千人のボランティアは外国人の外国人の画家に「ハノイの旧市街を染める」ことを援助した。その外国人の画家は友好で、多くの文化遺産があり、絵画への愛情があるベトナムをアピールし、ベトナム人の人々に印象を与えた。



「2019年アジア-ハノイ絵画」の絵をご紹介しよう
















撮影:ビック・ヴァン
撮影:タイン・ザン
 
詳細...