12/06/2015 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、ILOとの関係発展を継続

1日から13日にかけて、スイスのジュネーブでILO=国際労働機関の第104回総会が行なわれ、185の加盟国と地域の代表が参加しています。ベトナムからは労働傷病軍人社会事業省のグエン・タイン・ホア次官率いる代表団が臨んでいます。 9日の全体会議で、ホア次官はスピーチを行い、ILO創立100周年の記念に関するイニシアティブへの支持を表明しました。ホア氏は「ベトナムは常に経済発展は社会公平の確保に平行して進めなければならないという立場を固めた。政府は貧困解消、社会安全保障に適切な投資を行い、男女平等の確保、女性の権限の増加、農村部の労働者に対する職業訓練に力を入れている。また、政府は労働市場の改革、雇用創出や社会安全保障に関する政策の完備などでILOの技術的支援と協力を重視している」と強調しました。さらにベトナムはILOとの効果的な協力の維持、発展に全力を尽くすとしています。 なお、総会に際し、ベトナム代表団はILOのガイ・ライダー事務局長と会見したほか、ASEAN諸国の代表団と会合を行ないました。 VOV