24/11/2021 07:51 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、ASEANと中国の信頼醸成と全面的協力の促進を訴える

(VOVWORLD) - 中国がベトナム東部海域問題を含め地域と世界の問題を解決するプロセスにおいて、大国としての役割を発揮し、アジア太平洋地域と世界の平和・安定・持続可能な発展に貢献することへの希望を表明したということです。

22日、グエン・クオク・ズン外務次官はASEAN=東南アジア諸国連合と中国の対話関係樹立30周年を記念するASEAN・中国特別首脳会議に関する記者団のインタビューに答えました。その中で、「今回の会議の最も大きな成果は、双方がASEAN・中国との全面的かつ戦略的パートナーシップの樹立を発表するとともに、そのパートナーシップを促進する方向で一致したことである」と強調しました。
ズン外務次官によりますと、会議で、各国の首脳らは、ベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)を「平和・安定・協力」の海域にすることや、関係各側間の信頼を醸成すること、国際法を尊重すること、平和的措置で紛争を解決すること、DOC=海上行動宣言を厳守すること、1982年国連海洋法条約によるCOC=海上行動規範を早期に制定することなどの重要性を強調しました。会議で、これらの問題を含むASEAN・中国の共同宣言が発表されました。

さらに、会議で発言に立ったファム・ミン・チン首相はASEANと中国に対し、「信頼を醸成し、全面的協力を深化させるよう」訴えました。また、中国がベトナム東部海域問題を含め地域と世界の問題を解決するプロセスにおいて、大国としての役割を発揮し、アジア太平洋地域と世界の平和・安定・持続可能な発展に貢献することへの希望を表明したということです。