06/02/2016 16:18 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、貧困削減を重視

4日午後、ベトナムのグエン・フオン・ガー国連大使は、国連経済社会理事会所属社会開発委員会の第54回会議で、演説を行い、その中で、「今後も貧困の削減は世界の最高目標であり続ける」と強調しました。 ガー大使は「国連の持続可能な開発のためのアジェンダ2030の実施は目標実施の促進に寄与する」との見方を示しました。 また、「国際共同体は技術推移や、発展途上国の社会開発政策の作成・実施への有利な条件づくりなどのために協力を強化する必要がある」訴えました。 この機に、ガー大使は、貧困解消事業や、社会保障確保、女性・高齢者・身体障がい者・少数民族の人々などのに対するベトナムの優遇政策とそれらの政策の成果も紹介しました。 VOV