28/04/2020 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、新型コロナウイルスを検査する2つ方法を使用

(VOVWORLD) - 27日午前、ブ・ドク・ダム副首相の主宰の下、新型コロナウイルス予防対策国家指導委員会は新型コロナの検査について協議し、輸入製品の代わりに国内産の検査キットを開発する方針を打ち出しました。
保健省の代表によりますと、現在、ベトナムは新型コロナ感染者を確認するため、遺伝子増幅法PCR装置と韓国製の抗原迅速検査キットを使用していますが、抗原迅速検査キットの精度は高くないと指摘されています。先頃、ベトナム国立衛生疫学研究所は長崎大学と協力し、安いコストで血清学的検査製剤の開発に成功しました。

ダム副首相は「この製剤が外国製と同様の製剤に代わる可能性がある。ベトナムはPCR法と血清学的検査製剤を同時に使用し、新型コロナ感染者を早期に発見することができる」と強調しました。

会議で、指導委員会の委員らは直近11日続けて、コミュニティでの感染症例が出なかったものの、各省庁、地方、部門は政府、保健省の手解きに基づき、予防対策を厳格に実施する必要があるとの見解を述べました。

なお、現在、ベトナムは新型コロナウイルスに効果がある薬品の供給を確保し、マスク、防護服、人工呼吸器を生産できるとともに、検査製剤の開発に成功したとしています。