04/07/2020 10:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、安保理の「パンデミックと安全保障」討論会に参加

(VOVWORLD) -ズン次官は新型コロナウイルスへの予防対策の実施を制限するとされている制裁措置の免除に関する国連事務総長へ支持を表明しました。

2日夜、トゥ・アイン・ズン外務次官はドイツのハイコ・マース外務大臣の主宰により開かれた「パンデミックと安全保障」をテーマとした国連安全保障理事会のオンライン討論会に参加しました。討論会にはアントニオ・グテーレス国連事務総長、ペーター・マウラー赤十字国際委員会総裁などが出席しました。

討論会の開幕式で、アントニオ・グテーレス国連事務総長は「新型コロナウイルス感染症は世界の平和、安全保障、経済社会に深い影響を与えている」と明らかにすると共に、国際社会に対し、全世界での停戦というアピールに応じると共に、この新型コロナウイルスパンデミックと安全保障分野における試練に対応するため、協力を強化するよう呼びかけました。

討論会で、ズン次官は新型コロナウイルスへの予防対策の実施を制限するとされている制裁措置の免除に関する国連事務総長へ支持を表明すると共に、安保理と加盟諸国は制裁措置が取られている各国の国民への人道的支援を行うように有利な条件を作り出すよう希望を表明しました。

ズン次官はベトナムは新型コロナウイルスの制圧に初歩的な成果を収めると共に、世界各国とこの感染症への予防対策に関する経験を交換したり、支援したりしてきたと明らかにしました。