03/06/2015 10:14 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、世界経済に深く参入する

6月1日付のヨーロッパ情報サイト「ユーロプレスイメージ」は1面にベトナムの世界経済への深く参入に関する記事を掲載した。

「ベトナムとEAEU=ユーラシア経済連合、共同自由貿易地域を設立」をタイトルにしたこの記事はユーラシア経済連合常務委員会のヴィクト・クリステンコ委員長の発言を引用した際、「この出来事は同連合が東南アジア地域、及びアジア太平洋地域との貿易と投資をさらに拡大させる事につながる。ASEAN東南アジア諸国連合の加盟国であるベトナムはEAEUとASEANを結ぶ架け橋を果たす」と強調した。また、記事によりますと、ベトナムとEAEUとの貿易取引額は2014年の40億ドルから2020年までに100億~120億ドルに達すると予測されている。

ベトナムがアメリカ、日本、欧州連合、中国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国などと自由貿易協定に関する交渉を推進してることから、ベトナムとユーラシア経済連合とのFTA自由貿易協定は、ベトナムの世界経済への深い参入を示すと評価されている。
ソース:VOV