17/03/2014 09:10 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、イスラエル企業の目的地

イスラエル商工会議所連盟と同国駐在ベトナム大使館の共催により、「ベトナムにおける経営と成功」をテーマとしたシンポジウムが行われ、情報通信、技術、農業、観光など多くの分野で事業活動を行っているイスラエルの企業多数が参加した。


シンポジウムで、イスラエル商工会議所連盟のアリエ・ジエフ(Arie Zief)副議長は「ベトナムはイスラエルの企業の新しい目的地である」と強調しました。また、同副議長は「ベトナムはイスラエルの投資家にとって魅力的な投資先である」と述べた。

一方、イスラエル・ベトナムコーポレーション社のラフィ・カウフマン(Rafi Kaufman)会長もベトナム市場の潜在力を高く評価すると共に、「今後10年、ベトナムの若い消費者は1700万人にのぼる。人口と収入が急増するものの経済における農業の比重が減少し、サービス業の需要が増加する」との予測を出した。
ソース:VOV