15/09/2016 10:53 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相と李 克強首相との会談

12日、グエン・スアン・フック首相率いる代表団は中国の李 克強首相の招きに応え、中国公式訪問を行なうため、広西チワン族自治区を発ち、北京に向かいました同日午後、フック首相の歓迎式が行なわれた後、フック首相と李 克強首相は会談を行いました。

会談で、フック首相は両国の共産党、政府などの関係が絶え間なく強化するための措置を出し、その中で、両国の共産党、国会、団体間の相互訪問と交流、国防、安全保障、外交などの分野における協力拡大などの措置があります。

経済、貿易協力に関して、フック首相は「双方は両国の各企業や機関に対し、困難を乗り越え、経済、貿易関係を持続的に発展させるため指導を強化する必要がある」と述べました。また、フック首相は中国に対し、ハイテク農業、機械製造、裾野産業、再生エネルギーなどの分野に投資を強化するよう提案しました。
海上問題に関して、フック首相は1982年の国連海洋法条約を始め、国際法に則って、平和的措置で、ベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)での紛争を解決するというベトナムの終始一貫した立場を強調しました。最近、海上で発生した複雑な動きを前にして、双方が両国の指導者が達成した合意を厳格に履行し、お互いの正当な利益を尊重し、海上問題に発生する不一致点を解決するよう提案しました。
一方、李 首相は「中国はベトナムとの関係を重視し、善隣友好、全面協力、長期安定、未来志向という方針を堅持し、ベトナムと協力して、海上問題に発生する不一致点を良好に解決するため取り組む」と強調しました。
会談後、両国の指導者は経済、鉄道建設、教育などの分野における9件の協力文書に調印しました。
ソース:VOV