25/08/2016 12:14 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、日本経団連の代表と会見

23日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は日本経団連の日本・ベトナム経済委員会の高橋・恭平委員長と中村・邦晴委員長率いる一行と会見しました。同代表団は日越共同イニシアティブ第6フェーズの展開会議へ参加のため、ベトナムを訪問しています。

会見で、フック首相はベトナム政府は常にベトナムで事業を行なっている日本企業の投資経営活動に有利な条件を作り出していると強調するとともに、「日本のプロジェクトは効果的に行われている。経団連は両国の経済、貿易、投資協力の強化に大きな貢献をしてきた」と述べました。また、フック首相は、今後、経団連は日本からの投資ブームをつくりあげると同時に日越共同イニシアテイブの枠内の協力は新たな発展段階に押し上げられるとの希望を表明しました。ベトナム政府は投資環境の改善をさらに促進し、日本の投資家の成功を自国の成功と見做すとしています。

一方、高橋氏はベトナムは日本企業にとって最も重要な投資先となっている。ベトナムの投資経営環境の改善は両国関係の発展に重要な役割を果たしているとの見解を示しました。 
ソース:VOV