17/10/2016 12:14 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、ハノイ国家大学の指導部と会合

16日、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は、ハノイ国家大学の指導部と会合を行い、同大学の発展状況などについて討議しました。


席上、フック首相は、「教育訓練事業は特別に重要な分野である」と再確認した上で、「ハノイ国家大学は自らの発展を国のスタートアップ活動を結び付ける必要がある」との見解を表明しました。

フック首相は次のように語りました。

「国立大学の能力を評定する要素の一つは、雇用される学生の数ではなく、スタートアップで成功する学生の数です。雇用も重要な問題ですが、スタートアップはより重要なものです。これは大学の威信、名誉を作り出す要素です。」

また、フック首相はハノイ国家大学の2030年までの発展方向に触れ、同大学に対し、科学研究・技術開発とその応用を進めていくよう要請しました。
:VOV