15/04/2015 09:01 GMT+7 Email Print Like 0

フオック・ロック・ト(福・禄・壽)村

ベトナムのロンアン省ドゥックホア県・フウタイン集落のヴァムコドン川にあるフオック・ロック・ト村は昔の雰囲気のある村として人気があり、ベトナムの北部から南部の各特徴の家が好きな人に向けての村である。
フオック・ロック・ト村はズオン・ヴァン・ミー氏に2006年から面積が10ヘクタールである土地において設立された。ここで観光客は昔からの家の雰囲気でゆっくりリラックスできる。

面積が6haである土地に、築80年間から150年間の木造の家が全国から集められた。



上から見るフオック・ロック・ト村の一部


福・禄・壽の像


龍、驎、亀、鳳凰が彫刻される木の壁


古い家の一つの装飾品


南部の建築を有する象牙


数百年前の椅子、机


フオック・ロック・ト村における土偶


フエ建築の特徴を有する壁


頑丈な柱

フオック・ロック・ト村の中、最も人々に印象を与える家は100年前に建てられた「工」の形で、104本の柱がある。本堂の柱には細かい彫刻が施されている。柱の上に龍、驎、亀、鳳凰と枚 、欄、菊、竹などの姿もある。

フオック・ロック・ト村の中にある南部の庭は単純であり、南部の特徴を有し、20世紀のはじめから設立され、多くの貴重な装飾品がある。


フエの建築の特徴を有する家は細かい彫刻が施され、石、木、金属、陶磁器などの貴重な物を保存している。


フオック・ロック・ト村において、タイグエンの建築を有する6軒の家がある。その家の中のタイグエンの民族たちの道具は印象を与えた。



フオック・ロック・ト村における西南部の建築


古い村の門


フエ宮廷の木造建築


西南部の建築様式を有する家屋


フオック・ロック・ト村における古い家


フオック・ロック・ト村の一つのコーナー


フオック・ロック・ト村の娯楽地

フオック・ロック・ト村にもプールなどの娯楽地がある。ここで、観光客はロン・アン省と南部の料理が賞味でき、南部の伝統的な歌を聞くことができる。


2012年、この村は、最古の木造家屋を集めた場所としての記録を得た。


 
文:グエン・オアン
撮影:レー・ミンと資料