10/06/2019 10:06 GMT+7 Email Print Like 0

フェオ村の人民たちのテン音楽

昔から、テン音楽はタイ族の信仰に関する音楽であり、タイ族の観点と考え方を表現し、先祖代々伝えられ、民族歴史的文化価値がある。それで、ラオカイ省、バオタン郡フェオ村に住むタイ族の共同体は伝統音楽のテン音楽を民族の宝とし保存し、継承している。
私たちは新年に行われるロントン祭りで、ノン・ヴァン・シン氏と出会った。50歳のシン氏は楽器を上手に弾き楽団は踊った。
ノン・ヴァン・シン氏によると、彼は子供のときから、テン音楽に執着を持っていた。この30年間、彼はダンティン楽器と共に、西北地域やタイ族の新春の祭り、伝統的な儀礼で演奏してきた。シン氏によると、タイ族の人民たちはテン音楽を愛し、人民たちに平穏と幸福を与える。ダンティン楽器とテン踊りのパフォーマンスは多くの人々に魅力を与える。


 ノン・ヴァン・シン芸人はこの30年間ダンティン楽器に愛着を持ち、
タイ族の伝統のあるテン音楽について見識があるラオカイ省の芸人の一人である。 



テン音楽はタイ族の伝統的な芸術の一つとして、文化・スポーツ・観光省により、
国家無形文化遺産として公認された。



古いテン踊りを踊るフェオ村におけるテン音楽団。


テン音楽はタイ族の音楽と踊りの文化価と歴史の価値など多くの要素を持つ。


古式のテン踊りを踊るフェオ村におけるテン音楽団。


トー・ゴック・タイン教授(ベトナム伝統芸術協会会長)によると、テン音楽は民族文化であり、多様な民間芸術文学作品であり、人生の幸福と苦痛を表わす。


テン音楽団の楽器と衣服。



現在、テン音楽は2つの種類がある。古式テン音楽は少数の職人により保存され伝えられる。現代テン音楽は現代的な生活様式を表現し、テン音楽を愛する職人により作曲された。
フェオ村のテン楽団は10人のメンバーで、新年のロントン祭りをはじめ、タイ族の各祭りで演奏する。テン楽団はラオカイ省バオタン郡で行われた音楽コンテストで多くの賞を受賞した。
、ノン・ヴァン・シン職人は彼は最初の時期にテン音楽団を樹立し、人民たちがテン音楽団に参加することを懇願するために、それぞれの家族に来た。すべての家族は彼のテン音楽団を樹立することを支持し、テン音楽団が演奏衣服を買うために、基金へ寄付したことを話した。

ノン・ヴァン・シン氏は2年間に10台のダンティン楽器を作った。

30つの古いテン音楽歌曲を演奏するばかりでなく、フェオ村におけるテン音楽団は国、故郷に対する愛情を表現する新たなテン歌曲を作曲した。この数多くの年間に、スアンジャオ地域におけるタイ族の伝統的な祭りにおいては、フェオ村におけるテン音楽団のテン音楽様式の演奏することは不可欠である。



テン音楽はタイ族とヌン族の精神生活における重要な文化である。テン儀礼はタイ族の豊作を祈る儀式、カップサック儀礼の特別な文化である。
 

文、写真:チャン・ヒエウ