09/04/2015 12:49 GMT+7 Email Print Like 0

ブイサー村のチョンクアン歌

700年の歴史があるチョンクアン歌は、ベトナムのバックニン省トゥアンタイン県ニンサ集落ブイサー村の人々に保存され、北部の文化の特徴の保存に貢献している。
ブイサーチョンクアンクラブのファム・コン・ガット老人によると、チョンクアン歌は、チャン時代の13世紀に生まれ、1945年前、最も盛んであった。ブイサー村のチョンクアンはタンロン城で知られ、チャン時代のチュン・クアン王の前で演じられた。


ブイサチョンクアンクラブの最初のメンバーの一人である72歳のレー・バ・ダオ老人は今ブイサチョンクアンクラブの責任者である。


100曲のチョンクアン歌を作ったファム・コン・ガット氏。


演じるまでのブイサチョンクアンクラブのメンバー


演じるまでのブイサチョンクアンクラブのメンバー


週末に年寄りが歌うチョンクアン歌を聞いている子供たち
 

1993年、ブイサー村の人々はブイサーチョンクアンクラブを設立した。最初、そのクラブは5人のメンバーがいたが、現在28人のメンバーがいる。毎年、旧暦の8月の祭りだけでなく、他の地方の祭りでも演じる。ブイサーチョンクアンクラブは、国内のコンテストで多くの賞を獲得した。

今まで、ブイサーチョンクアンクラブのメンバーは、昔からの祭り、建国祭、結婚式などについての100のチョンクアン歌を保存している。

ブイサーチョンクアンクラブのメンバーは年寄りばかりになったが、週末で集まり、一緒にチョンクアンを練習している。チョンクアンはブイサー村の人々の欠かせないものとなることを期待する。

チョンクアン歌はベトナムの北部の伝統的な歌である。


チョンクアン歌は単純で、覚えやすい。


チョンクアン歌を歌っている大序たち。


 チョンクアン歌を歌いながら、踊る。
 

ブイサーチョンクアンクラブには28人のメンバーがいる。


歌っているブイサチョンクアンクラブのメンバー
 
 
レー・バ・ダオ老人は「チョンクアン歌を子供たちに伝えるために、チョンクアンを歌う小さな音楽会を行いました。指導者の援助があれば、チョンクアン歌は多くの人々に知られると思います。近い将来、私たちはチョンクアン歌が国内外の人々に紹介できると思います。」と述べた。

文:ガン・ハー
撮影:ヴィエット・クオン