13/09/2016 11:01 GMT+7 Email Print Like 0

ヒエウ・ティン氏の文化空間

Ton Duc Thang大学の文化学部で講師をするグエン・ヒエウ・ティン氏(ホーチミン市)は茶碗、肖像などの陶器の古物に興味を持つ。現在、彼の家は古物の小さいな「博物館」になっている。
ヒエウ・ティン氏の家の3階には、数多くの陶器の古物品が陳列されている。彼の家はベトナム陶器文化の「小さいな博物館」になる。ぞれぞれのコレクションは、ビエンホア陶器、南部陶器、中国陶器などの陶器コレクションに分類される

客室においては、チャン時代(13世紀)の有名な英雄であるフン・ダオ・ヴオン・チャン・コック・トゥアン(Hung Dao Vuong Tran Quoc Tuan)英雄の像がある。有名人の像について話すとき、ヒエウ・ティン氏によると、名人についての本を読むとき、彼は名人の像の姿、精神をよく理解することが必要なので、像を集めることを決めた。

 

ヒエウ・ティン氏の急須のコレクション
ベトナム風景が描かれた急須。




昔のビエンホア陶器、南部の陶器で、作られる急須。
ヒエウ・ティン氏の花瓶のコレクション。


ビエン・ホア陶器の花瓶。


ヒエウ・ティン氏の古い花瓶コレクション。

ビエンホア陶器の花瓶の絵柄。





南部特徴がある土地の神の像。
この古物などで、ヒエウ・ティン氏の研究の参考資料としてよい条件を作る。

ティン氏の家は、一階の客間から各階の部屋までベトナム文化で飾られる。彼は自分の家を通じて、ベトナム文化を紹介する。
これらの古物のコレクションは、ヒエウ・ティン氏が考究するための資料として特別に所有する。現在、彼はビエンホア陶器について書く。それで、ビエンホア陶器コレクションは研究のための資料になる。彼によると、各陶器の古物は、彼に大きな精神的な喜びを与える。
ヒエウ・ティン氏の「小さいな博物館」を通じて、多くの学生たちと外国人の観光客たちはベトナム文化を見学するチャンスがある。彼の家はベトナム文化に興味を持つ人々の資料館になる。ベトナム文化に興味を持つ人がいれば、ヒエウ・ティンコレクターとともに、祖先の精神の価値について、語り合うチャンスがある。
文、写真:グエン・ヴー・タイン・ダット《Nguyen Vu Thanh Dat)
写真:トン・ハイ(Thong Hai)