12/06/2018 15:00 GMT+7 Email Print Like 0

ビン副首相、「アジアの未来」に出席

ビン副首相は「新しい条件において、アジア諸国が経済成長率を維持できる対策を打ち出し、その中で、大小を問わず、世界各国がWTO=世界貿易機関の規定を含め、国際法を遵守する必要がある」ということを強調しました。
ビン副首相、「アジアの未来」に出席 - ảnh 111日と12日の両日、東京で、アジアの政治・経済などについて討議する第24回国際交流会議「アジアの未来」が開かれました。会議には世界各国の指導者、各部門、機関の代表、地域と世界の諸組織の代表合わせて500人が参加しました。 ベトナムのチュオン・ホア・ビン副首相はこの会議に出席し、発表を行いました。「開かれたアジア~繁栄と安定への課題」をテーマとした今回の会議はアジア諸国を取り巻く環境の変化や今後の見通しなどについて、アジアの政府要人や学識経験者などが講演、討議しました。 会議で、ビン副首相は「新しい条件において、アジア諸国が経済成長率を維持できる対策を打ち出し、その中で、大小を問わず、世界各国がWTO=世界貿易機関の規定を含め、国際法を遵守する必要がある」ということを強調しました。また、世界各国は安全保障、平和、安定の確保のため信頼醸成に取り組む必要があるということを明らかにしました。 国際交流会議「アジアの未来」に出席するため日本を訪問した際、ビン副首相は安倍首相を表敬訪問した他、大島 理森衆議院議長と会見を行いました。 安倍首相を表敬訪問した際、ビン副首相はベトナムと日本との広範な戦略的パートナーシップの良好な発展に喜びの意を表明すると共に、今年9月ベトナムで開かれるASEAN=東南アジア諸国連合に関する世界経済フォーラム、及び、今年10月日本で開催される日本・メコン首脳会議で緊密に協力するよう提案しました。   一方、安倍首相は先頃行われたチャン・ダイ・クアン国家主席による日本国賓訪問は両国が外交関係樹立45周年を記念する活動における意義深い出来事であると述べると共に、両国がこの訪問に達成した合意書を履行するため緊密に協力するよう提案しました。
ソース:VOV