18/11/2015 11:11 GMT+7 Email Print Like 0

ビン・ニャムのグォック(下駄)

50年間以上、ベトナムのトゥアンアン町ビンニャムのグォック村の職人は全国の人々に人気のある下駄を作っている。時間が経つとともに、下駄を作る職業は継承され、子供たちに伝えられている。現在、毎年、50万足の下駄はドイツ、オーランド、日本、台湾、マレーシアに輸出される。
1980年後、人々の需要は変化し、多くの靴が出るため、ビン・ニャムのギョックを買う人の数は少なくなった。しかし、多くの時代に経っても、ビン・ニャム町の人々は努力し、ビン・ニャムのギョック村の職業を保存している。

タイ・ヴァン・シエム氏のバータン下駄生産工場は1960年から操業し、今、2代目である息子のタイ・ヴァン・アイン・フン氏が管理している。



半世紀以上受け継がれたトゥアンアン町ビンニャムのビンニャムの靴の職人は全国の人々に人気のある下駄を作っている。


ビンニャム集落の下駄の材料


ビンニャム集落のビンニャム下駄


出来上がった下駄


下駄を作る段階

下駄を作る熟練の職人。


ビンニャムの下駄は松の木で作れる軽く、丈夫である。


出来上がった下駄は慎重にチェックされる。


下駄を作る職業は多くの人々を雇用する。


国内に市場において販売されているビン・ニャムのギョック村ギョック

フンタイ株式会社はビンニャム町で最大の下駄を作る製作所である。ここで働いている80人の職人は毎日伝統的な職業を維持している。

フンタイ株式会社は下駄を作る機械を投資した。同時に、職人も訓練し、国内外の市場も理解した。そのため、フンタイ社で毎年50万足作られた下駄はドイツ、日本、オランダ、マレーシアなどに輸出された。



ビンニャムの下駄は松の木から作れるため軽くて丈夫である。多くの模様も装飾されて上品で生き生きしている。
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:トン・ハイ