04/08/2016 15:37 GMT+7 Email Print Like 0

ビンズオン省、タイや日本各国企業へ投資を呼び掛け

3日午後、タイの首都バンコクで、「ベトナムの魅力」をテーマにした投資振興シンポジウムが行われ、タイと日本の企業経営者およそ100人が参加しました。シンポジウムで、南部ビンズオン省人民委員会のチャン・タン・リエム副委員長は、ベトナム、とりわけビンズオン省の国土や人々、潜在力、強みなどを紹介すると共に、「ベトナムは投資経営環境の改善を進めることで、外国直接投資の誘致に努力している。ベトナムは、外資系企業を経済構造の一部であり、また、外国直接投資額を経済の再構築と国家競争力向上に繋がる要素の一つとして見なしている。」と明らかにしました。また、リエム副委員長は、日本、タイを含む各国の企業に対しビンズオン省を含むベトナムへの投資振興を呼び掛けました。リエム副委員長によりますと、現在、ビンズオン省は経済社会インフラの近代化、中心地と重点経済地区を結ぶ交通インフラの整備を集中しているとしています。
ソース:VOV