04/03/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイで、行われた米・朝2度目の会談

近年、ベトナムの首都ハノイは世界の各メディアで多く掲載されるようになっている。   国際共同体の注目を引く米・朝会談が開催されるハノイはアメリカと北朝鮮により選択された。
ベトナム人専門家と外国人専門家たちによると、今回の米・朝会談の場を、アメリカと北朝鮮がハノイに選んだ理由はベトナム戦争後、過去の多くの損失を克服し、国際への参入を実現し、発展させた典型的な都市であることである。
 
トランプ大統領は「昨晩、ベトナムに到着した時から、ベトナムの多くの変化を見ました。今、全世界はベトナムに注目しています。」とTwitter社会ネットワークで、掲載した。
 
米・朝会談を開催する場所がアメリカと北朝鮮が選んだ多くの理由。この数年間、ベトナムの政治は安定し、安全した環境を維持多くの国際会議の開催を成功させた。将来、ベトナムは2020年に、アセアン議長国としてし、2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任委員の唯一の候補者である。

2019年2月27日に、Sofitel Legend Metropole ホテルで行われたトランプ大統領と金正恩北朝鮮最高指導者間の2度目の米朝首脳会談の初日の会談。撮影:AFP・ベトナム通信社


2月27日に行われた最初の会談の後の晩餐会。撮影:AFP・ベトナム通信社


2月28日、Sofitel Legend Metropoleの会談会場へ向かうトランプアメリカ大統領と金正恩朝鮮民主主義人民共和国 の最高指導者。
撮影:AFP・ベトナム通信社



トランプアメリカ大統領と金正恩朝鮮民主主義人民共和国 の最高指導者間の会談の様子。撮影:AFP/ベトナム通信社
ハノイの通りを通過する金正恩朝鮮最高指導者を乗せた車両。撮影:ヴィエット・クオン 



ハノイ通りを通過するトランプアメリカ大統領を乗せた車両。撮影:クアン・ロン・VNP

「ベトナムがこの重要なイベントを開催することはベトナムが信用があり、尊重され、数多くの潜在的なパートナーであることを表現します。
( Grigory Lokshinロシア科学アカデミーのベトナムとアセアン研究者)
ベトナムは朝鮮半島を平和化する過程において役割があると言える。ベトナムはアメリカと朝鮮との友好関係がある国家であり、両指導者の移動に好条件の地理的位置である。両首脳の会談が行われる場所になることで、ベトナムは伝統的な友好国家と世界トップの国家の信頼を得た国家である。



アメリカ指導者と朝鮮指導者を歓迎するハノイ市民。撮影:タット・ソン・VNP

アメリカ指導者と朝鮮指導者を歓迎するハノイ市民。撮影:コン・ダット・VNP


アメリカ指導者と朝鮮指導者を歓迎するハノイの児童たち。撮影:クアン・ロン・VNP

リータイトー通りに集まった多くの国内外の新聞記者。撮影:VNP


朝鮮指導者を撮るために、リートゥオンキエット通りのメリアホテル周辺に集まった多くの新聞記者。撮影:グエン・タン


国際メディアセンター(ベトナム・ソビエト友好労働文化パレス)ハノイのホアンキエㇺ区チャンフンダオ通り、91号に設置されたベトナムの美しさを紹介する広告版。撮影:VNP


ハノイ通りの多くの店はアメリカ指導者と朝鮮指導者のプリントTシャツを売る。撮影:クアン・ロン


ベトナム帽子に興味を持つ一人の外国人の新聞記者。撮影:VNP

国際メディアセンターで、ハノイフォー(ベトナムの伝統的な食べ物)は紹介される。撮影:VNP

国際メディアセンターは、新聞記者約3000名に40品のベトナム料理を無料で提供する。撮影:VNP


国際メディアセンターで米朝首脳会談についての記事を作成する各国内外の新聞記者。撮影:VNP

約3000名の新聞記者は2度目の米朝首脳会談についてのニュース、記事を掲載する。撮影:VNP



米朝首脳会談が行われる期間、ハノイの平和のイメージを広告するために、ハノイの通り設置されたポスター。撮影:VNP


米朝首脳会談が行われる期間、人民と観光客のために提供される公共車。撮影:VNP

このイベントはベトナムがこの30年間行われたドイモイ(刷新)政策を表現する。この政策はベトナム共産党により選択された。ベトナムは国際共同体の新たな位置があり、多くの国家に対する発展モデルの典型的な国家である。

「私はこの週、グエン・フー・チョン書記長、グエン・スアン・フック首相、指導者たち、ベトナムの人民たちの篤い歓迎に対して、感謝します。」
(トランプ大統領がTwitter社会ネットワークに掲載した。)

.

文:VNP、VNP、ベトナム通信社、AFP
他の記事