29/10/2019 15:18 GMT+7 Email Print Like 0

バー・ティ・チャム修士―ベトナムの伝統的な薬理活性を持つ植物の価値を向上させる

伝統的なベトナムの薬草の持つ有効成分をナノテクノロジーを応用して調製する。アカデミー科学と技術院のバー・ティ・チャム修士は地域のためのベトナムの伝統的な薬理作用を持つ植物をヘルスケア製品として価値を向上させた人である。その研究結果により、バー・ティ・チャム修士はベトナム婦人協会から2017年創造の婦人の賞を受賞された。
創造の話から始まるしぜんの背景にある創造的な物語
バー・ティ・チャム修士は、科学院で働く時、バイオ、特に生化学について学んだ。その時にバイオアクティブ研究室(現、化学院応用生化室)を設立した最初の人であり、薬理活性を持つ植物のバイオアクティブを研究した。

ベトナムの植物から抗生物質、ウィルス抗生物質などを探す時、ベルギーのTibotecは化学院と協力した。プロジェクトを実施する時、バー・ティ・チャム修士はベルギーの実験室で研究することを選ぶことを決め、帰国した時、ベトナムで植物のアクティブを定める研究室を設立した。

2005年、バー・ティ・チャム修士はベルギー、そして日本、韓国、イタリアへ派遣され、生物活性の試験と研究開発のためバイオアクティブ、ナノマテリアル技術などの実験をした。ここで、バー・ティ・チャム修士は先端の実験室で研究できた。


アカデミー科学と技術院のバー・ティ・チャム修士は創造女性の賞を獲得した。


2017年創造女性の賞の授与式に出席するバー・ティ・チャム修士


2017年創造女性の賞の授与式で紹介されるコーナーにおけるバー・ティ・チャム修士

2018年創造女性の展示会で製品を紹介するバー・ティ・チャム修士


 
2018年アジア-太平洋女性科学者ネットワーク会議に出席するバー・ティ・チャム修士


「ナノ型の薬草の健康食品調剤技術」と題されたプロジェクトでその実験は成功し、Metaherbの各製品に対して大規模な臨床試験を行った。
 

国内外の専門誌などで薬草の活性力を理解することと世界の研究ともにバー・ティ・チャム修士は植物の中の物質が正確にいつ発揮されるかが解るようになった。

バー・ティ・チャム修士によると、東洋医学では30種類の薬理活性を持つ植物があり、その中、4~5種類が同じの活躍の活性がある。活躍する物質もある。その物質は有効成分を阻み、副作用もある。

バー・ティ・チャム修士は、その薬理活性を持つ植物から出る毒物が使用度が多い患者への危険性もある。

バー・ティ・チャム修士も「薬で2つの物質が同じであるとわかったら、一つの原料の中の物質の有効成分を多くさせ、原料からエキスの物質が吸収しやすく、使いやすく、保管しやすいである物質に調合させます。」と述べた。

進化の法則について、理論と現実の研究結果から人工の物質は自然の物質より完璧でないことがわかるようになった。そのため、世界の今の傾向は自然の方法で病気を治療する。

バー・ティ・チャム修士の意見によると、これは東洋医学が発展する機会である。重要なことは東洋医学の薬のデメリットを見つけ、それを制限することにより病気の治療に効果を上げさせる。

バー・ティ・チャム修士によると、進化の過程の中、人の体が酵素を作り出し、自然の中の物質を吸収する。そのため、自然の物質を使うことは化学物質を使う方が良い。

そのため、チャム修士の意見は「自然を作ることができませんので自然を基本として創造します」と言うことである。

それもベトナムの伝統的な薬理活性を持つ植物に心を込めた。

伝統的な生薬で新たな調剤方法を作り出す

「生薬のアクティブ銀行」からの長所で、セミナーに参加し、外国人の専門家と会見する時、バー・ティ・チャム修士は世界の研究の傾向であるナノ原料に近づく。

伝統的な薬草のデメリットを克服する調合技術であることがわかるバー・ティ・チャム修士は「薬草のナノ健康食品作成技術」と題されたプロジェクトをはじめた。

その技術の活動の方法を説明することについて、バー・ティ・チャム修士はバイオを生物学的シミュレーション技術で、物質がナノメートルまで測定される。ナノのサイズで物質は体の中で最大限に吸収され、血液中でゆっくり徐放され、物質の役目を体内で発揮させる。

薬剤から徐放された後の物質は物質を増加させるために発酵されナノ化する。この方法で、バー・ティ・チャム修士は薬草の持つ最高のレベルで薬性が発揮できる。バー・ティ・チャム修士によると、その調合技術は伝統的な東洋医学の薬草を更に向上させる。さらに、薬合が減少でき、保管、運送などが安くなる。


薬草を栽培する各地方を訪問し、採集方法、加工方法を指導するバー・ティ・チャム修士。


薬草の起源にも重視するバー・ティ・チャム修士


黒にんにくを生産する工場を訪問するバー・ティ・チャム修士


健康、特に免疫性に強い黒にんにく

バー・ティ・チャム修士によると、その調製技術は伝統的な東洋医学の薬草を新しい方向に向ける。

 


そのため、バー・ティ・チャム修士が作り出した製品は短期間で著しい効果が発揮される。それはベトナムの薬草の価値が認識される。

バー・ティ・チャム修士も薬草を栽培する各地方を訪問し、摘み方や加工方法をコントロールし、薬草の起源も重視する。
今、バー・ティ・チャム修士は健康によい20種の製品の中、7つの製品が企業に引き継がれたとのべた。
バー・ティ・チャム修士は薬草の持つ薬性はベトナム人の日常の食生活の中に存在する。例えば、鞘エンドウ、大豆、胡麻などの選り屑が痛風を予防する薬を作り出した。黒いにんにくは心蔵に効果がある。

バー・ティ・チャム修士の健康を維持させる製品は3つのグループがある。

第1は免疫力を向上させる製品である。重要なことは免疫が病気に対する抵抗力を助けるものである。そのため、健康を守る中で免役を向上させる。典型的な製品はnanocurcuminと黒にんにくである。

第2は糖尿病、脂質異常症、痛風、心血管疾患などの病気を治療することに援助する製品である。

第3は健康にに関する治療とその援助の製品である。大豆胚芽製品は女性のホルモンバランスをサポートします。肝臓疾患など

ナノ技術で作り出される黒にんにく、糖尿病を治療する薬などの典型的な製品で、バー・ティ・チャム修士はベトナムの婦人協会の2017年創造婦人賞が授与された。

ベトナムの薬草は貴重でその価値がまだ開発されていない。そのため、バー・ティ・チャム修士の希望はベトナムの伝統的な薬理活性を持つ薬草の価値を高め、外国から輸入される薬を減少させ、人々に質品と価格などに関し援助できるものである。
文:タオ・ヴィー
撮影:ヴィエット・クオン

他の記事