26/11/2015 17:33 GMT+7 Email Print Like 0

ノックナン遺跡

100年近く前、ベトナムのバックリエウ省ザライ県フォンタインのノックナン区域でムオイ・チュック兄弟の改革運動があった場所は国家レベルの歴史-文化遺跡となり、若者が殖民地支配と封建の制度に反対する運動について理解できる。
1928年、ドンズオンで、ある事件が起こった。それは殖民地支配などに反対する農民のムオイ・チュック兄弟の運動であった。


ノックナン遺跡のコーナー。
撮影:レー・ミン



農民のムオイ・チュック兄弟の墓。
撮影:レー・ミン



ノックナン遺跡の中の空間。
撮影:レー・ミン



ノックナン遺跡の周辺の緑あふれる道。
撮影:レー・ミン

ノックナン遺跡は多くの部分に分け、昔のムオイ・チュック兄弟の運動と殖民地支配と封建制度に反対するバックリエウ省の農民たちの運動を再現する。他は、ムオイ・チュック兄弟の墓も保存されている。
1917年、バックリエウ省のバン・タックと呼ばれるお金持ちはビエン・トアイ兄弟の家を奪った。その後、ビエン・トアイ兄弟は訴えたが、バン・タックは賄賂をしたため、負けた。その後、バン・タックはその土地を他の公官に売却した。悲惨なことはビエン・トアイ兄弟が自分の土地を使用するのに税を払わなければならなかった。

ビエン・トアイ兄弟は自分の土地を護る運動をすることを決めた。

この運動は、全国で振動した。ビエン・トアイ兄弟は訴訟で勝訴した。そのビエン・トアイ兄弟をはじめ、ノックナンの農民たちの成功を称えるため。ノック・ナン記念館を設立した。


同遺跡の中の記念館にあるムオイ・チュック兄弟の像。
撮影:レー・ミン



ノック・ナン畑におけるムオイ・チュック兄弟の姿。
撮影:チョン・チン



ムオイ・チュック兄弟の運動の再現。
撮影:チョン・チン



ムオイ・チュック兄弟の運動の再現。
撮影:チョン・チン





ムオイ・チュック兄弟の使った農具。
撮影:チョン・チン


遺跡の中の記念館。
撮影:レー・ミン

 
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:チョン・チン、レー・ミン