22/03/2015 23:23 GMT+7 Email Print Like 0

トンニャット病院拡張プロジェクトが完成

トンニャット病院の前身は戦争中に「南部解放軍のK71病院」でした。1975年4月30日の南部完全解放後、同病院は400病床を整えられ、中・高級幹部の健康保護にあたっていました。 40年経った現在、同病院が大きく拡張され、病床は3倍増となり、幹部、医師、看護婦の数は1200人となっています。また、内科、外科専門医制度などが整備され、党と国家の中・高級幹部をはじめ、南部各省の住民の診療治療の要求に応えられるようになりました。 さらに、同病院は心臓手術などに関する先進技術を成功裏に導入しました。22日午前、ホーチミン市で、同病院の拡張プロジェクトの落成式が行なわれました。席上、グエン・タン・ズン首相は保健省に対し、トンニャット病院の設備の現代化や医師、幹部の育成に有利な条件を作り出すよう求めました。 VOV