13/11/2015 16:40 GMT+7 Email Print Like 0

ティエン・ホイ芸術家

ベトナムの芸術、映画界で、ティエン・ホイ芸術家はホーチミンを演じることで人々に知られている。ティエン・ホイ芸術家が演じる時、いつも人々によい印象を与えた。
1987年、2軍区のチュオンソン芸術団は主にホーおじさんについての劇を演じることを決めたため、ホーおじさんを演じる人を探した。ある人がホーおじさんに似ているティエン・ホイさんを見つけた。

ティエン・ホイさんは「当時、化粧された後、撮った写真を見ると、私がホーおじさんに似ていることに誰もが驚きました。」と述べた。


 ティエン・ホイ芸術家。撮影:タット・ソン

 

演技前の準備している ティエン・ホイ芸術家。撮影:タット・ソン


化粧されているティエン・ホイ氏。撮影:タット・ソン


化粧された後のティエン・ホイ氏。撮影:タット・ソン
1987年、1988年、ティエン・ホイ芸術家はホーおじさんを300回演じた。ティエン・ホイ芸術家も劇、映画、ドラマなどでホーおじさんを演じる回は一番多いとみなされた。
その後、ティエン・ホイ芸人は2ヶ月間半演技を練習し、ホーおじさんについての資料を研究し、ベトナム声放送局のカセットからのホーおじさんの声を聞いた。

暇な時、彼は主席官邸を訪問、ホーおじさんの書記長であったヴー・キ氏からホーおじさんのこと、その生活などについて尋ねた。

ハノイオペラハウスにおいて、初めてホーおじさんを演じた時、ティエン・ホイ芸術家はドキドキしたが、出演した後、みんなに応援され、自信を持ち演じたることができた。

当時、その劇を見た後、多くの人々は感動のあまり泣き出した。ティエン・ホイ芸人はヴォー・グエン・ザップ将軍に花をいただいた時が忘れられなかった。



 

ティエン・ホイさんについての写真:


















文:タオ・ヴィー
撮影:グエン・タット・ソンと資料

他の記事