28/08/2015 10:23 GMT+7 Email Print Like 0

チャー・コー(Tra Co)地域における水産物を養殖すること

チャーコー地区(クアンニン)省、モンカイ市の水産物を養殖は特別である。この職業はベトナム・中国間友好関係として行われ、発展する。
漁民のブイ・チュン・トゥイさんは、私たちに、人民たちの養殖モデル地区を紹介してくれた。チャーコー養殖場はベトナムと中国間の国境線で行われている。
トゥイ氏は、チャーコー地区の養殖モデルは中国の2つの近隣の村で実現される。


チャーコー地区の養殖場の様子
養殖場は1千㎡の面積がある。
牡蠣を養殖する漁民たち。

牡蠣を養殖する漁民たち。
チャーコー地区の漁民たちの牡蠣の稚貝は中国の広西省から輸入される。
牡蠣の成育の様子を見るブイ・チュン・トゥイ漁民


牡蠣の品質を見るブイ・チュン・トゥイ漁民


牡蠣を養殖するチャーコー地区の漁民たち


チャーコー地区で牡蠣の養殖に成功した漁民のブイ・チュン・トゥイさん。

ブイ・チュン・トゥイさんによると、昔から今まで、中国とベトナムは友好関係を持ち協力をしてきた。それで、経済モデルは両国に有効的に発展する。
グエン・ヴァン・フイさんとファン・ヴァン・ビンさんは2012年に水産物を養殖モデルを実施した最初の人である。2013年には、約30戸の家族が養殖を営んでいる。

トゥイさんによると、各シーズンで約3億ドンの収入を得られる。

チャーコー地域における水産物の養殖の経済モデルは、ベトナムと中国間の友好関係を表わしている。


文:タオ・ヴィー
 
写真:グエン・タット・ソン