06/03/2015 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

チャン神社で大王の押印儀式

4日(旧暦1月14日)夜、北部ナムディン市、ロクブオン区のチャン神社で、チャン神社祭りの枠内で、大王の印を押す儀式が行なわれ、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグエン・ティン・ニャン議長をはじめ、住民や観光客多数が参列しました。

儀式で演説に立ったナムディン市人民委員会のグエン・バン・カ委員長は「毎年、行なわれる大王の印を押す儀式はチャン王朝の大きな功労を讃えるものである」と強調しました。

チャン神社祭りは、旧暦の1月11日から16日にあたる3月1日から6日にかけて、開催され、4日の夜、行なわれる大王の印を押す儀式は祭りの目玉となっています。また、これを機に、獅子舞や伝統的民謡チェオ、人間将棋、レスリング、武術などが披露されます。
:VOV