26/10/2015 11:14 GMT+7 Email Print Like 0

タムヒエップ(Tam Hiep)町のぬいぐるみ

縫製業で、有名であったハノイ、フックトォー郡は、現在、ぬいぐるみ経営で有名になった。タムヒエップ町のぬいぐるみの多くはハノイの通り、北部の贈り物店で売られる。
この数年間、人民たちの生活の向上により、ぬいぐるみを含む贈り物を買う嗜好は高くなった。1997年、タムヒエップ町にはホアータイ工場だけであった、現在、数十社のぬいぐるみ生産会社があり市場のために、数百万個のぬいぐるみ製品を供給する。
ホアタイぬいぐるみの生産工場は3000平方メートルで、タムヒエップ町で最大の生産規模で、1ヶ月あたり3百万ドンの所得で、20人の労働者がいる。


ぬいぐるみを生産するための原料。
綿はぬいぐるみを生産するための主な原料である。


タムヒエップ町の労働者たちは人気のあるぬいぐるみを生産する。
梱包する前に、ぬいぐるみの品質を検査する工員たち。


ぬいぐるみの製品。


タムヒエップ町におけるぬいぐるみの製品。


ホアタイぬいぐるみ生産工場は、面積3000平方メートルで、タムヒエップ町で最大の生産規模である。


人気のあるタムヒエップ町におけるぬいぐるみ。


 

ホアトゥック生産工場は2000平方メートルの面積で、10人の労働者がいる。タムヒエップ町に、1つの販売店を持ち、店にはドラえもん、くまのプーさんの、オギー猫などの多様な製品がある。

現在、タムヒエップ町の人口は約1万1千人でその内の、80%の人はぬいぐるみの生産に参加している。地方の労働者たちのために、雇用を創出するほかに、ぬいぐるみを生産する職業は数千人の労働者のために、雇用を創出する。
 
近頃、ハノイ青年援助センター、ハノイ工商局の農業助成・工業開発センターは、タムヒエップ町の若い労働者のために、ぬいぐるみ生産に関する教育クラスを開催する。これは市場の品質の向上の要求に応えるためである。
文:タオ・ヴィー
 

写真:チン・ヴァン・ボー