31/05/2017 10:35 GMT+7 Email Print Like 0

タイニン塩と海老の塩漬け

 タイニン塩に混ぜた海老は塩辛く、サクサクして、多くの人々に食べられる
タイニン塩を使って作られた海老の塩漬はタイニン省の特産物であるが、サイゴンの調理師によって作られ、南部の料理の特徴で、ホーチミン市の高級のレストランのメニューに入れられる。

ベトナムの1区にあるソングレストランのタイン・ロイ調理師によると、タイニン塩を使った海老料理の主な原料はブラックタイガーである他は、タイニン塩、乾燥海老、パン粉、乾燥唐辛子、卵、砂糖、味の素とてんぷら油もある。



新鮮な海老

皮をむられた海老

主な調味料はタイ・ニン塩である。

パン粉と混ぜた海老を揚げる

海老を揚げた後すぐタイニン塩を塗す。

タイ・ニン塩と混ぜた海老の原料
洗った後、海老の皮を剥き、頭と尻尾を捨てない。次に串に海老を刺す。パン粉、卵を全体に塗し車海老を揚げる。

乾燥された海老と、タイニン塩、乾燥唐辛子、砂糖、味の素を混ぜたものを揚げた海老と混ぜる。


文、撮影:グエン・ルアン