17/05/2015 15:20 GMT+7 Email Print Like 0

ゾアン国家副主席、世界女性サミットに出席

今月14日から16日にかけて、グェン・ティ・ゾアン国家副主席率いるベトナム代表団はブラジルのサンパウロ市での第25回世界女性サミットに出席しました。会議の開会式と記者会見で発言に立ったゾアン国家副主席は「世界女性サミットは経済協力イニシアチブの推進、特に経済発展における女性実業家の貢献と役割の奨励を目指す為、国家と企業を結ぶ架け橋である」と強調しました。また、ゾアン国家副主席は「男女平等の確保、女性の地位向上と創造力活用におけるベトナムの成果を取り上げました。さらに、国家副主席は先頃、大地震による甚大な被害を受けたネパールの女性被災者義捐金の募集を呼びかけました。 この機に、ゾアン国家副主席は、ブラジル共産党のジョゼ・レナート・ラベロ議長、サンパウロ市のフェルナンド・ハダッジ市長と個別会見しました。ジョゼ・レナート・ラベロ議長との会見で、ゾアン国家副主席は「ベトナムはブラジル共産党との協力関係の強化を継続すると同時に、2007年5月に樹立されたベトナムとブラジルの全面的なパートナーシップの発展と深化に寄与したい意向にある」と明らかにしました。 他方、サンパウロ市のフェルナンド・ハダッジ市長との会見で、ゾアン国家副主席は「ベトナムはサンパウロ市を始めとするブラジルとの全面的なパートナーシップを発展させたい意向」にあると強調すると共に、フェルナンド・ハダッジ市長をベトナム訪問に招待しました。 VOV