02/06/2015 11:19 GMT+7 Email Print Like 0

スウェーデン議員はハノイに、交通安全を宣伝

第132回 列国議会同盟(IPU)会議に出席するときに、スウェーデン議員代表団はハノイで、ヘルメットの使用をはじめ、交通安全に関する宣伝を実施した。
2015年3月31日午前、ウルバン・オリーンスウェーデン議院議長と議員スウェーデン大使館の幹部たちは、交通運輸省の幹部と仕事をするために、ヌイチュック通りにあるスウェーデン大使館から、チャンフンダオ通りにある交通運輸省の本部へ、モータバイクで来た。
出発する前に、スウェーデン・ベトナム間の外交関係40周年記念のロゴを有し、国際基準のヘルメットをスウェーデンの代表団たちは使用した。
9時の通りは賑やかであった。スウェーデン議員たちはハノイの町を、モータバイクで走ることに興味を持った。スウェーデン議員代表団は多くの市民たちの注意を引いた。スウェーデン代表団は交通運輸省の本部に入る前、チャンフンダオ通りで、記念写真を撮った。

 

交通安全に関するスローガンとメランダー在ベトナムスウェーデン大使。

ヘルメットを着けるスウェーデン議員。 

スウェーデン議員たちの国際基準に達するヘルメット。

ヘルメットを着けるスウェーデン議員議長。

ヌイチュック通りを、出発するスウェーデン議員代表団。

ハノイの通りで、交通安全に関する宣伝を実施するために、
スウェーデン議員たちとスウェーデン大使館の幹部たち。

レー・ティー・ヴァン女史は「スウェーデン議員たちは簡素です。スウェーデン議員たちがハノイ市民たちが交通安全を認識させる宣伝に貢献を果たすことは非常に貴重なことです。」と言った。

交通運輸省の本部においては、ディン・ラー・タン大臣はスウェーデン議員たちが交通運輸省と会談することに対して、歓迎の意を表した。タン大臣はこの45年間、ベトナムとスウェーデン間との協力関係を高く評価した。タン大臣によると、ベトナム政府は交通安全問題を常に重視する。ベトナムは交通安全を遂行する多くの方法を実現している。
スウェーデンによると、以前、スウェーデンの交通安全問題は多くの困難に直面した。長年の間に、スウェーデンは多くの方法で、交通安全をすることに集中した。

スウェーデンは高速道路における死亡者ゼロを目標に「Vision Zero」プログラムを実施した。現在、スウェーデンは陸路交通に関する死亡率の最も低い国である。
交通分野に関する協力について、意見交換をするとき、Urban Ahlinスウェーデン議員議長はスウェーデンがベトナムのために、交通安全問題に関する政策、技術、テクノロジーを真剣に援助する。

 

バイクを運転するスウェーデン議員たち。

ハノイの通りを走るスウェーデン議院代表団。 

ハノイにおける青と黄色のヘルメットのイメージ。

交通運輸省の本部を訪問するスウェーデン議員議長を歓迎するディン・ラー・タン交通運輸省の大臣。 

国家交通安全委員会と会談するスウェーデン議員代表団。

ディン・ラー・タン交通運輸省の大臣にヘルメットを授与するスウェーデン議員代表団

 
文、写真:ヴィエット・クオン
他の記事