24/06/2015 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相:ACMECS協力、メコン川流域の持続可能な開発に寄与

23日午前、ミャンマーの首都ネピドーで、ベトナムのグェン・タン・ズン首相、ミャンマーのテインセイン大統領、カンボジアのフンセン首相、ラオスのトンシン・タマボン首相、タイのプラユット・ジャンオーチャー首相らがACMES=エー ヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略の第6回首脳会議に出席しました。席上、参加者らは、2013~2015年期の行動計画の成果、特に、貿易、投資の円滑化、経済回路の発展、グリーン観光の発展、農業分野の協力強化に寄与した5カ国の交通連携の結果を認めました。

首脳会議の開幕演説にたったズン首相は次のように語っています。

(テープ)

「ベトナム政府は、投資経営環境の改善に向けた諸措置を断固として推進しており、競争力の向上と戦略的突破、経済再構築と成長モデルの刷新を結び付いて進めています。ベトナムは、ACMECSの協力を重視すると同時に、加盟諸国やパートナーと共に、それぞれの国の繁栄、及び地域の平和・安定・繁栄のために各協力プログラムを効果的に遂行する用意があります。」

会議で、ズン首相とACMECSの指導者らは、5カ国の伝統的な近隣友好関係の強化に向けた決意を強調しました。エー ヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略の第6回首脳会議は2016~2018年期の行動計画、及び共同宣言を採択した他、第7回首脳会議がベトナムで開催されることで一致しました。
:VOV