30/05/2014 10:32 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、米上院東アジア太平洋小委員長と会見

28日 午前、グェン・タン・ズン首相はベトナムを訪問中のアメリカのベンジャミン・カーディン上院外交委員会東アジア・太平洋問題小委員会委員長と会見を行った。

会見 で、ズン首相は「ベトナムはあらゆる分野において、アメリカとの関係を深化させることを望んでいる。ベトナムは多くの分野における両国の協力関係、および、共に関心を持っている問 題についてアメリカと率直に意見を交換する用意がある」と強調した。

ズン首相は「ベトナムはTPP環太平洋戦略的経済連携協定の締結のための交渉に責 任感を持って、積極的に参加している」ということを知らせると共に、この交渉が早期に完成するため、アメリカがこの交渉に臨機応変な対策を示すよう」希望 を表明した。

また、ズン首相は「アメリカが中国が石油リグくをベトナムの排他的経済水域と大陸棚に不法に設置する行為に反対する声をあげていることに感謝の意を表明する他、アメリカは今後もより中国のこの行為に強く反対するよう希望を表明した。

一 方、ベンジャミン委員長は「両国の発展のため、アメリカはベトナムとの多面的な協力関係を促進することを望んでいる」と述べると共に、枯葉剤被害の克服と 戦争後の地雷・不発弾の除去作業において、ベトナムと引き続き協力する」と明らかにした。ベトナム東部海域における複雑な情勢に関して、ベンジャミン 委員長は中国の挑発的な行為に憂慮を示すと共に、中国が石油リグをベトナムの排他的経済水域と大陸棚に不法に設置する行為は国際法を深刻に違反し、この 海域の平和、安定、安全保障、航行安全を脅かしている」と強調した。
ソース:VOV